トップ > カテゴリ > ゲーム

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

男の子はなぜシミュレーションゲームにはまるのか?

第一次世界大戦が終了して十数年後。1929年に世界恐慌に端を発してドイツでは、第一次世界大戦後に締結されたヴェルサイユ条約による列強各国からの多額の賠償金が重くのしかかり、ファシズムに系統しはじめる時期から歴史が動くような感じですね。第一次世界大戦後に設立された国際連盟では、各国が保有する軍艦の数を調整することで、国力バランスをとろうとしたそうですが、第2次世界大戦後半の航空機戦が活用されるまでは、軍事力=保有する軍艦、海戦における戦術が戦争の勝敗を決定カギだったみたいなそういうロマンがあるみたいなのです。

 

posted by しろ 投票数 2 0


, , , ,

 

史実に基づいたリアルなシミュレーションゲーム:究極のシミュレーションゲームはやっぱり海戦!?

男の子なら、やっぱり戦艦とかそういうのがすきなんでしょうねぇ・・

このシミュレーションゲームの設定はある程度史実をもとに実在の艦長や戦艦を集めて戦わせるゲームなのですが、基本はファシスト、反ファシストという連合に分かれ戦艦をあつめた陣営をつくりあげて勝利をするというのがモチーフという感じです。

戦いはこーんな感じ♪

senkan-teikoku1.gif

アジア系とはちぐシュワルツェネッガーさんがTVCMやっているようなシミュレーションゲームもそうなのですが、かなり細かい装備の設定とか実装とかあるのですが、このゲームもまったくそんな感じです。

やっぱり男の子ってこういう細かい装備とかにこだわって、強くなりたい!っていう欲求というのが強い生き物なのかもしれません。

反射神経で勝負するゲームではなくて、計算高く積み上げるという地道な行動が最終的に勝利という結果をもたらすという爽快感が男の子がこういうシミュレーションゲームにはまってしまう理由なのかもしないと結論づけてみました。

このゲームはアジア系海外企業が開発しているゲームみたいですが、300万DLって多分ほとんどが実は海外ユーザーかも・・みたいにおもったりもしたのでした。

 

 

しろ: 自頭がいい海外の人ってこういうのハマル気がする・・・というか男の子ってこういう複雑なシミュレーションゲームをやっている自分がやっぱいいんですよきっと!

posted by しろ 投票 2 0


, , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系