トップ > コラム

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

現代の科学知識で脳ると「空っぽの脳ミソ」に見えてしまう理由(ワケ)

パソコンやスマホの記録装置という観点で脳を見てみると脳の中は空っぽに見えるらしいのですが、実際脳の神経細胞にどうのように記憶や体験なんかが保存されているのかって現代科学でもまだまだ謎みたいです。

 

posted by 顧問 投票数 2 1


,

 

生命体である脳は個々の個人毎にオーダーメイドで生成された暗号体みたいらしい

脳ってやっぱりコンピュータとは全然違うらしい

Your brain does not process information, retrieve knowledge or store memories. In short: your brain is not a computer

脳は計算機のように情報を処理しているわけでもないし、メモリーから知識を取り出したり、経験をメモリーに保存してるわけでない(脳とコンピュータって根本的に違う)

The idea that memories are stored in individual neurons is preposterous: how and where is the memory stored in the cell?
脳の中に記憶が一つ一つのニューロン細胞に保存されているって考えは全然的をえていないし、神経細胞の中に記憶がデータとして刻まれているってことはないです!

脳ってコンピュータとは全然違うもので、脳の神経細胞一つ一つにコンピュータの記憶装置のように記憶が保存されているわけではないらしいですが、最近はやりのDeepLearningなんかを見ると分かる感じがしますがRNNだとかMSTNだとかCNNだとかいろいろなネットワークストラクチャーがありますが、こうやったらなんだかうまく自動処理できるらしいという研究がここ数年で話題みたいですね。でもまだまだ脳細のニューロンのごく一部の作用に近いことをコンピュータでどうやらまねできるらしいという段階な感じなんじゃないかなぁというレベルなのだと思います。

コンピュータのようにデータを呼び出してアルゴリズムに沿って計算して結果を出して、またメモリーに保存するという感じではないらしい。

とうことで、コンピュータが発明されてから脳の動きをコンピュータで再現するという試みや研究がなされてきて、IP metaphor(よくわかりせんが)だとか神経細胞ネットワークだとか、脳の神経細胞が分泌する科学物質が変わるだとかいろいろ考案されているようですが、まだどのように脳に記憶や経験が保存されているのか結局のところ明確にはなっていないみたいですよ。

少なくともこの「Your brain does not process information, retrieve knowledge or store memories. In short: your brain is not a computer 」記事では、脳はコンピュータでは再現できないでしょっ!って感じのことが長々と小難しい文章で書かれている感じです。

脳は唯一の個性で人それぞれ”経験”をもとに有機体によりオーダーメイドされた生きている暗号細胞ネットワークみたいなもの!?

たとえばコンサートホールで同じベートーヴェンの第9を2人の人間が聞いた時、神経ネットワークの反応が同じかというと全くちがうみたいです。

その人が生きてきた経験に応じて違ったネットワークが反応するのだとか。
そいういう見では単純に同じ写真をみてもコンピュータのようにアルゴリズムだとかビット景色の同じデータフォーマットで他人が再現できるような形で記憶として保存されているわけではないようです。

いってみれば、その人が赤ちゃんのころから外界からの刺激を受けて脳細胞が反応して作られたオーダーメイドな神経の刺激ネットワークが奇跡的に積み重なってみた写真というのが脳内に印象として残るらしいという感じみたいです。

860億の神経細胞と100兆もの神経細胞がそれぞれつならなっているのが成人の脳らしいですが、この奇跡的なオリジナルな神経ネットワークの反応により記憶が個々の人に合わせて生命体として生きている間に保たれているらしいというのが今わかっているらしい事柄みたいです。

だから脳細胞が死ぬぐらいのことが起きると、記憶喪失になったら体の一部が不自由になったり言語障害がおきたりするのもわからなくもないです。

要するに、今あるコンピュータが動ているようなアルゴリズムだとか統計的な計算処理的なものとはそもそも生命体である脳はちがいすぎるということらしいですね。

脳の中身を解明するのって個々にそれぞれ違った"個性”神経ネットワークを持つ脳が脳自身のことを解明することになるらしいのですが、一部の学者さんがいうようにこれから100年以上はやっぱり脳の解明って無理っぽい感じがしないでもないですね。

生まれたばかりの赤ちゃんは目もうっすらぐらいで、口に入るものは何でも吸い付くとか外界の生命の危機っぽいことを感じたら鳴くぐらいの生命維持に必要な反射的なことしかできないようですが、1歳ぐらになると片言の言葉をおぼちゃったりスゴイですよね。逆に大きくなると言葉って覚えないみたいだし。(狼に育てられた少女なんかは大きくなってから言葉が覚えられなかったようです)

所説あるようですが生まれたばかりの赤ちゃんの脳の重さが400グラムで、生後半年で2倍の800グラムぐらい、大人の脳1400グラムぐらいといわれているらしいですが、それぞれ成長の過程で脳内のネットワークは個々の人毎にオリジナルな暗号組織みたいな感じで大きくなっていくとなると、どんな記憶が保存されているの?てのが取り出せるぐらいに分かるようになるのは当分無理っぽい感じがしますが、本当のところはどうなんでしょう?

顧問: いらなくなった他人のパソコンのハードディスクの中身を再現できる今ですが、脳はそう簡単にはいかなくて、空っぽに見えてしまうということが分かったような気がする

posted by 顧問 投票 2 1


,

コメント

匿名

・・・難しいけど個性は機械では表現できないらしいってことなのかな・・

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

ヒビが入っているスマホ。そのまま使われいるのは多くがiPhone6のケースが圧倒的に多かったらしい件

2年間の分割払いって結構ながくて、一括で支払う額としては大きすぎる額に愕然としてしまうものなんですよぉ!


posted by てきとう 投票 2 コメント: 0

「旅に出ます。探さないでください」が暗示する面白さについて

駄目と言われるとやりたくなってしまうとのが人間というもの(カリギュラ効果)


posted by しろ 投票 5 コメント: 0

人類史上のお金持ちランキングを見ると世界の変わりようがなんとなく見えてくる!?

人類史上最も富を手にした人物1位はまさに天文学的な数字なのだけど・・実は現代社会でも同じような規模の資産を持っている存在が実はいるらしい。。


posted by てきとう 投票 5 コメント: 0

「ボッチ」時間が増えるとエンタメ産業の売り上げが上がる!?

それを後押しているのは、一人「ボッチ」時間をあらゆる側面で作ってくれるスマートフォンが原因!?


posted by しろ 投票 4 コメント: 0

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系