• 花火もアイフォンで綺麗にとれるようになる!?

    iPhone(アイフォン)カメラを使いってプロ顔負け写真を撮る6つのテクニック

    最近のiPhone(アイフォン)カメラはかなり高性能なCCDもついて、チップやアプリケーション面ではそこそこの一眼レフに引けを取らないような性能になっている感じですが、(レンズは小さいのでこの点が不満が残るところですが・・)、普段あまり使わないかもしれないような実は使える高度な機能が標準カメラアプリにもついていたります。iPhone(アイフォン)カメラのおさらい、もしくはそんなに詳しくない人でも、iPhone(アイフォン)標準カメラアプリの機能とテクニックを理解することで、暗闇に上がる花火を綺麗に取れたり、夜景やロウソクの火の元でポートレートが綺麗に撮れたりとプロ顔負けの写真が撮れるようになるかもしれない!そんな標準機能と使用テクニックについておさらいしてみます。


       投票 4 0
    # てきとう
    いつも持ち歩ているiPhone(アイフォン)で撮るときってたまたまだとかとりあえずって感じが否めない感じが個人的にはしているのですが、標準アプリについている機能をきちんと理解して使いこなすとそれなりの写真が実は撮れる!って事なのですね。

     


    テクニック1.HDRモードを使う

    HDRモードとは、ハイダイナミック・レンジ・イメージングというモード。日本語ですとダイナミックに高感度で被写体を捉えるというモードって感じでしょうか。この機能は暗闇にある被写体の写真を複数の露出で撮影し、合成した写真を生成するというもの。

    HDRモードは風景写真、日差しが強いポートレートや暗いシーンを取るときに使える機能として実装を想定されているそうです。
    でも、一度に複数の写真を撮影して合成するという点で、動きの速い被写体の撮影には適していないのが残念な所。
    状況にもよりますが、HDRモードで試してみて、いけてないならば解除って感じでしょうか?


    テクニック2.露出とフォーカスロック

    iPhone(アイフォン)でカメラモードにした時、画面をタップするとタップしたところにオートフォーカスされますよね。そのまま長押しするとフォーカスロックが働きます。フォーカスロックが働くと黄色く「フォーカスロック(AE/AF Lock)」というマークが表示します。

    このフォーカスロックは明るさや暗さなどの設定もそのままロックしてくれる機能。
    例えば花火を上手に撮影したい時なんかは、あらかじめ花火をiPhone(アイフォン)カメラで追ってフォーカスロックさせて、次の打ち上げ花火が上がった時に、そのまま撮影するというように使うと便利です。


    ちなみにフォーカスロックを解のが除するにはタップすればOK。


    テクニック3.バーストモード(Burst Mode)

    iPhone(アイフォン)のシャッタ―ボタンを押し続けると「バーストモード(BrustMode)とい機能が働ききます。このモードは1秒当たり10枚の写真を撮影する機能。
    ほぼ完ぺきな動く被写体のショットを撮り切る事ができる機能です。


    テクニック4.フラッシュ(AOID Flash)

    フラシュライトは、数メートル先の暗がりの被写体に光を照らして被写体をカメラで撮影し易くするという者。
    個人的には2次元っぽい感じになるのであまり使いませんが、時と場合によってはいろいろ試して経験値を蓄積しておくといいかもしれません。


    テクニック5.スローシャッターモード

    残念ながらiPhoneの標準カメラにはスローシャッターモードってついてないみたいです。
    SlowShutter、LongExpoというサードパティ―アプリがスローシャッターアプリとしてそれなりに使えるようです。

    スローシャッターにすると、動きのある光なんかがそのまま軌跡を描くように撮影できるので、クールな効果がある写真が撮れたりします。
    花火や早い動きのある被写体にあえてスローシャッターを使うというテクニックも試してみてはいかがでしょう?


    6.その他:iPhone(アイフォン)タイマー機能

    アイフォンのタイマー機能が結構便利です。3秒、10秒とタイマーを選べて撮影はブーストモードで撮影し一度に10枚の写真を撮影保存してくれます。これは撮影した時に瞬きしてしまったりしても10枚もとるのでベストショットが取れるという優れモノ機能ですね。

    時計のマークのようなヤツがタイマー機能です。

    結局の所…一番失敗しない方法

    ブーストモードなどを使ってとにかく何枚も撮る事!

    1枚は必ずいいショットが取れるハズです・・。

    紹介:スローシャッター機能があるアプリ

    Slow Shutter Cam

    スローシャッターカメラ

    Slow Shutter Cam は、あなたがデジタル一眼レフカメラでしか撮影できないと思っている魅力的なスローシャッター撮影機能により、新しいフォトライフをあなたのデバイスにもたらしてくれます。ぜひ続きを読んでみてください。 iPhone のカメラで凝った写真を撮影しようと試みて、もっと機能があったら良いのにと思ったことはありませんか? Slow Shutter Cam はただのスナップショット写真に終止符を打ち、デジタル一眼レフカメラのいくつかの強力な機能をもたらしてくれます。そして、そのすべての機能があなたのポケットに!

    【概要・特徴】

    Slow Shutter Cam には3つのユニークな撮影モードがあります。

    モーションブラー:デジタル一眼レフカメラのシャッタースピード優先モードに相当する撮影モードです。ゴースト写真や滝のように流れ落ちる写真の撮影、もしくはブラーで動きを表現する際に最適なモードです。


    ライトトレイル:ライトトレイルモードでは、走る自動車のライトや花火、他にも動く光であれば何でも、その軌跡を独自の方法で写真に描きます。

    ローライト:辺りが暗い状態においても、この撮影モードではセンサーに届いたどんな光も逃さず捉えられるようになります。シャッタースピードが長ければ長いほど、より光を蓄積することができます。また、露出補正スライダーによりあなたの思いのままに写真をチューニングすることができます!

    注目機能


    ● フル解像度(どのデバイスでも!)
    ● リアルタイム プレビュー
    ● 革新的なフリーズコントロール
    ● 露出補正
    ● タップ操作でフォーカス・露出調整
    ● 露出固定(撮影と撮影の間で固定)
    ● タイムラプス撮影
    ● セルフタイマー機能

    あなたの iPhone や iPod touch に Slow Shutter Cam をインストールすれば、ポケットに入れてどこにでも持っていけるお手軽さで、デジタル一眼レフカメラの機能を手に入れることができます。アプリをダウンロードして、ただのスナップショット写真から脱却しましょう!

    Instagram の #slowshuttercam タグ、もしくは flickr の「Slow Shutter Cam - iPhone」グループで、このアプリの数々の魅力的なサンプル写真を見ることができます!

    • img
    • img
    • img
    • img
    • img

     

    LongExpo

    slow shutter and long exposure camera

    ** Capture fantastic long exposure and light trail photos ** スローシャッター、長時間露出で光が線を引く幻想的な写真を撮れる! ** Add amazing effects after long exposure photo capture ** 長時間露出で撮影した写真に驚くようなエフェクトを加えることも可能! LongExpo is a camera app that enables you to capture high quality long exposure, light trail/stream, and low light photos. ロングエキスポは、薄暗い撮影をくっきり、光や動く被写体の残像がのこるような躍動的な高画質な写真をとることができるカメラアプリ。

    【概要・特徴】


    ** Features of LongExpo: 1. Three shooting modes: standard mode (for regular long exposure photography), low light mode (adjustable more exposure for low light environment), light trail mode (for light trail, light stream photography)
    3つのモードが使える。1.標準モード(標準的な露出時間モード)、2.暗がりモード(暗い場所でくっきりした写真をとるために少し長めの露出モードの撮影をするモード)3.ライトトレイルモード(光の残像だとか、動く被写体の残像が残る写真を撮影するモード)

    2. High quality and high resolution capture.
    高画質、高解像度の撮影が可能。

    3. Natural and intuitive real-time preview
    自然で直観的なリアルタイムプレビュー機能

    4. Exposure time span adjustment after shooting
    撮影後の露出時間を調整するモード

    5. Create motion trail effects by the motion gradient and freeze functions
    残像効果設定・調整機能(2つの設定が可能)

    6. Adjustment of brightness, contrast and color after shooting
    明るさ調整、コントラスト、色調整機能

    7. Excellent low light camera (along with the low light boost mode on iPhone 5). Take great pictures even under very low light environment.
    暗がりでもくっきり撮影

    8. Fantastic light trail, light stream photography
    幻想的なライトトレイル撮影モード

    9. Front camera support, Geotag, flash/torch, self-timer, set exposure/focus interest of point, and more !
    前面カメラもサポート。位置情報タグ、フラッシュライト、セルフタイマー、フォーカスロックなどiPhone(アイフォン)標準カメラ機能に対応しています。

    • img
    • img
    • img
    • img
    • img

    PageTop

     

    紹介したテクニックは、こちらから参考にしてまとめてみました「10 Tips For Taking Better Photos Of Fireworks On Your iPhone


    # てきとう
    いつも持ち歩ているiPhone(アイフォン)で撮るときってたまたまだとかとりあえずって感じが否めない感じが個人的にはしているのですが、標準アプリについている機能をきちんと理解して使いこなすとそれなりの写真が実は撮れる!って事なのですね。

     

     

    コメント

    コメントの投稿


     戻る

その他の記事

  • ジブリグッズ・どんな..

    【まとめ】通販で買えるジブリグ..

    # ジブリグッズって毎年いろいろなものが..

    スタジオジブリの作品って結構な人が大好きだと思うのですが、ジブリグッズが欲しいなぁと思っても、吉祥寺のジブリ美術館だとか...

     詳細
  • ヘッドホンにお金を払..

    【スマホで音楽初心者向け】iP..

    # iPhone7なんかではオーディアジ..

    実はここ数年の間にヘッドホンの技術は大きく躍進してるそうです。iPhone7でもヘッドホンコードがなくなった事でもこの動...

     詳細
  • 花火もアイフォンで綺..

    iPhone(アイフォン)カメ..

    # いつも持ち歩ているiPhone(アイ..

    最近のiPhone(アイフォン)カメラはかなり高性能なCCDもついて、チップやアプリケーション面ではそこそこの一眼レフに...

     詳細
  • これぞ真のオーガニッ..

    「世界で一つだけ」やっぱり本物..

    # 人と違ったヤツがいい!私だけのオリジ..

    本物のドラうフラワーを使ったアイフォンやアンドロイドのスマホケース。このドライフラワースマホケースは、実際にカリフォルニ...

     詳細
  • 【特集】カメラ・画像..

    【まとめ】まだ使ってない人向け..

    # また、多分ですが、5人に1人は、紹介..

    カメラで撮った写真を印象的にしたり、可愛くデコッたりするのって何故か?それは、ひとえに『いい感じに誤魔化す』ため。だって...

     詳細

スポンサーからのお知らせ

おススメ記事♪

ネタ:裏技

Categories