トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 学園モノ

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:中田かなた (著)
イラスト:ともぞ (イラスト)
出版社:HJ文庫

自然の世界というのは弱肉強食の世界なのですが、ネット小説なんかで今若い子に人気なのがですゲーム系の物語みたいですね。若い子たちは、14年から十数年の人生経験の中で、生きる”本能”を刺激するようなある意味アナーキーでびりびりくるようなお話しに夢中になってしまうって事なんだと思います。それだけ日本が平和ということなのですが、学校と家の往復が毎日という世代にとっては、やっぱりこう何か刺激というのもの飢えているという感じなのかもしれません。そいうい意味ではこれ系が好きな人は精神年齢がまだまだ若い!と思っていいのかもしれません・・・。

 

 

デスゲーム系って若い子向きですよね!

第1巻:

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした1 (HJ文庫)
発売日:2015/11/28

あらすじ(Amazonより):生き残りの権利を賭けた頭脳戦が、始まる―― 新井和馬は気が付くと見知らぬ空間にいた。 突如現れた「ナナシ」により、クラスメイトや教師たちと生き残りを懸けたゲームをさせられることを知った和馬は、超高校級の女優・鉄山徹子をパートナーに、その頭脳を武器に嬉々としてゲームに臨むのであった。 第9回HJ文庫大賞「大賞」受賞作が満を持してついに登場!

 

第2巻:

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした2 (HJ文庫)
発売日:2016/4/1

あらすじ(Amazonより): 電脳ランドでのデスゲーム後、様々な人に傷痕を残しながらも平然と過ごしていた新井和馬。そんなある日、彼は鉄山徹子に孤島で行われるギャンブルゲームへと誘われる。人間の人生をいともたやすく壊す大金を賭け、和馬と徹子はチーム『クズ』として島へと乗り込むのであった。あの最凶のクズコンビが帰ってきた!! 爽快頭脳バトルサスペンス第2回戦!

 

第3巻:

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした3 (HJ文庫)
発売日:2016/9/30

あらすじ(Amazonより):突如行われる宗教組織でのデスゲーム。和馬の行方は……。

宗教団体『良き人々の集い』で定期的に行われているレクリエーションゲーム『すっぱいブドウ』。そのゲームの場には、武田ツバサと鉄山徹子の姿があった。教祖の発言により、突如デスゲームと化した『すっぱいブドウ』。 ゲームが進む内に明かされる様々な謎。ツバサと徹子はこの状況を乗り切ることが出来るのか。そしてその時、最凶のクズ、和馬の居場所とは――。

 

しろ: ダンガンロパとか暗殺教室なんかもそなのですが、平和で刺激のない日常を送っている人にとっては、こういう刺激のある作品というのがエンターテインメントして夢中になってしまうという感じなんだと思います。ということで、今流行の!というのはT層でという事になると思うのですが、こういうのが好きな人!まだまだ精神年齢がが若い!と思ってもOKだと思いますー。

posted by しろ 投票 2 0


, , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系