トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

読者と主人公と二人のこれから(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:岬 鷺宮 (著
イラスト:Hiten (イラスト)
出版社:


メランコリックな表情をしている表紙の少女と『十四歳』というタイトルのシンプルさに引かれて書店で手に取ってからこの『十四歳』という小説に夢中になってしまいます。

物語の主人公トキコが感じる感性と主人公細野晃の感性に俺もそう思うことがあるだとか、トキコの恋愛観や強烈な恋心を綴った文章を読んでいくうちに、物語の中に存在するトキコという存在と自分が雷に打たれたように同じ感性を持っている事や同じ目線で中学生時代を生きている事への何とも言えない共感=多分ですが淡い恋愛感情が彼の脳内を支配していくのは至極自然な流れだと思います。そう、現実の世界よりも、物語の少女さえ入れば満ち足りるというカタルシスを得てしまう10代の初心な男の子の心情というかが分かり易い。そんな主人公です。

14歳だった主人公の毎日はぱっとしない灰色の毎日だったみたいですが、そんな中手に取った小説に登場するトキコだけが唯一彼が心を許せる存在となってきます。

 

 

大好きな小説で目にした少女が同じ高校、クラスに登場したら?というボーイ・ミーツガールな物語がキュンキュンしちゃう!?

小説の中の理想の彼女が進学した高校の同じクラスにいたとしたら!それは衝撃ですよね

細野晃(ほそのあきら)

高校生になったら誰とも友達にはならない、愛する小説『十四歳』だけを手に、孤独に生きていこうと決めている少年。

 

柊時子(ひいらぎときこ)

晃の持つ『十四歳』の主人公、トキコに瓜二つの少女。なぜ、小説の中にいたはずの女の子が現れたのか。実は姉が執筆した『十四歳』の小説のモデルになったのが彼女だったりする

 

dokushatoshujikouto2ninnokorekara1.jpg

『十四歳』という小説のヒロイン、トキオに疑似恋愛してのめり込んでいる主人公細野晃。パットなし中学時代をこの小説のヒロインに支えられてきた晃は高校へ入学しても脳内にトキコさえいれば他はいらないとボッチを決め込んでいたのですが・・なんと同じクラスに小説の主人公トキコと全く同じ少女がいる事に気づきます・・

というかこんな衝撃的な出会いをしてしまったらあとはどう恋に落ちるのか・・・という展開が気になってしょうがない感じですね。

電撃文庫新作紹介より高校進学後のクラスでの出会いシーン..

この教室で友達を作るつもりはないし、この小説があれば。トキコさえいれば、決して退屈なんてするはずがない。
 そんな風に、本気で思っていた。
 だから、
「――柊時子です」
 出席番号、俺の一つ前。
 トキコと同じ名前だな、なんて思いながら壇上に視線をやった俺は、時が止まったような錯覚を覚えた。
「――松庵中学出身、趣味は読書です。姉が一人います。中学では文芸部に入っていました」
 物憂げに教卓に落とされている、黒目がちで切れ長の目。
 ボブヘアーの黒髪と、この距離でも長さが見て取れるまつげ。
 すらりとした体躯におろしたてのブレザーがなじみきっていなくて、白磁のような肌にはシミ一つなくて、細い首筋は繊細なガラス細工のようで、
 思わず、手の中の「一四歳」の表紙を見た。
 ――そっくりだった。
 描かれている少女のイラストと目の前の女生徒が、同一人物かと思うほどに似通っていた。
 それだけじゃない。視線を壇上に戻す。端正な顔に似合うエメラルドグリーンの髪飾り。鈴を転がすような透き通った声。視線を落とし背筋を伸ばした佇まい――。
 本文中、トキコ自身に関する記述がフラッシュバックする。

 ――もらった翡翠の髪飾りは、昭和初期に作られたものらしい。どこのブランドでも売っていない、わたしだけの宝物。

 ――凛とした綺麗な声だ。そう褒められても、わたしはもっと違う声に憧れる。低い声、かすれた声、しわがれた声。そういうものにはきっとその人が送ってきた人生が刻まれている。

 ――教室で、クラス全員の前に立つ。前なんて見られない。だからせめて、わたしは背筋を伸ばして、向けられる視線の集中砲火にじっと耐える。

 さらに、苗字は「一四歳」作者と同じ柊。考えてみれば、小説の中のトキコにも姉がいたはずで、所属していた部活も文芸部で……。
 いや、細かいことはどうでもいい。
 それ以上に、柊時子が放つ静かな気配が――どこか気高く寂しげなオーラが、頭の中でイメージしてきたトキコそのもので。
 理性だとか理屈だとかそういうものを飛び越えて、俺ははっきり感じていた。

 ――トキコだ。トキコがいる。
 ――小説の中の彼女が、俺の目の前に現れた。

dokushatoshujikouto2ninnokorekara2.jpg

読者と主人公と二人のこれから

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)
発売日:2017/4/8

あらすじ(Amazonより):


――だから、わたしの初恋はエピローグのあとに始まるのです。


この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば── だが、彼女は俺の前に現れた。 灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。 不器用に近づいていく二人の距離。 物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末にあるものは──。

 

しろ: 文芸系の小説に出てくるようなヒロインで、心から共感して恋心をいだいてしまったような人物がリアルにクラスメイトとして出会ってしまったらという設定は小説なんかが好きな人ならば、思わず手に取ってしまうようなモチーフなのではないでしょうか?

posted by しろ 投票 2 0


, , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系