トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

この夢がさめても、君のことが好きで、好きで。(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:小春 りん (著)
イラスト:雨宮うり
出版社:スターツ出版文庫

幼い頃からピアノを習っていた主人公の少女。あることがきっかけで人前でピアノが弾けなくなってしまうのですが、彼女はピアノが大好きな少女。時分の中に沸いてくる音を鍵盤を奏でる指を通してメロディーとしてピアノに詠わさせるのって、ピアノをやっている人ならば分かると思います。ただ、本当に好きなピアノも、コンクールみたいな楽譜に忠実じゃなきゃダメ!だとか個性を出して間や強弱を入れるのはNGだとか・・そんなことを気にするようになると嫌いになっちゃたりするもの。

この物語では、少女がなぜ人前でピアノが弾けなくなってしまったのか?苦手でありがなら一番大好きな曲に纏わるエピソードや、密かに隠れてピアノに触れていた第三音楽教室で出会ったユイという少年が持つ秘密やその真相が物語の伏線のキーになっているという青春感動モノとしては王道なプロットが織り交ぜられている作品だと言えます。

否定されて人前で轢けなくなったと思われる彼女のピアノ。

でも一人の男の子の言ってくれた「そのピアノ演奏が好き」という言葉に勇気づけられて、2人だけの演奏会が誰もいない音楽室で奏でられるようになる・・って青春な感じがしてキュンキュンきてしまいますよね。

 

 

音楽を通して心が通じ合う感動のボーイ・ミーツガール系青春ラブストーリー

この夢がさめても、君のことが好きで、好きで。:

この夢がさめても、君のことが好きで、好きで。
発売日:2017/5/1

あらすじ(Amazonより):鎌倉の高校に通う七海は、あることが原因で、人前で大好きなピアノを弾けなくなった。高校に入学してからは、誰も寄りつかない“第三音楽室”でこっそりピアノを弾くことが日課。しかし、いつの間にか現れた“ユイ”と名乗る男子に、「君のピアノ、好きだよ」と言われ、彼のためにピアノを弾くことに。それ以来、“第三音楽室”はふたりにとって大切な場所になる。だけど、ユイは切なすぎる秘密を抱えていた―。

 

しろ: ピアノだとか音楽ってやっていない人にはピーンとこないかもしれませんが、しっかり弾きこなす様を見ると、どこか感動や躍動感や心打たれるものがあるんですよね。 鍵盤を譜面通りたたくだけではなくて、ピアノの構造を理解しながら、指使い一つで奏でる音が全然違う音になったり、気持ちが入って演奏する指捌き、表情やパフォーマンスなかが加わるともう圧巻です。そんな姿をイメージしながら音楽と芸術を通した青春モノを楽しむのもいいものだと思います。

posted by しろ 投票 1 0


, ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系