トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 歴史・伝奇

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

ハナシマさん(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:天宮伊佐 (著),
イラスト:ヤマウチシズ (イラスト)
出版社:ガガガ文庫

「幽霊」や「「異世界へ旅立つ方法」など都市伝説に纏わるオカルトな物語に猟奇的な事件や美少女が絡む感じの物語です。
やっぱりオカルトって謎めいてたり恐いだけではなくて、ヒロイン級の美少女が登場人物としては大事なんですねぇというのがなんとなく感じされる作品です。
オカルト映画やホラー映画にも可愛らしいヒロインが出てきて、時には死んじゃったり、時には窮地を脱してハッピーエンドになったりとその様をキャァーとかいいながら見てしまうのですが、この作品はそんなオカルト要素を楽しむような作品かもしれません。
1巻では、謎のバラバラ殺人事件が起きる中謎の転校生華志摩玲子を巡るオカルティックな幽霊風な存在の復讐劇っていう感じ。
2巻ではオカルトな趣味の学園一の美少女が突然失踪してしまったという題材です。

タイトルの「ハナシマ」さんというのは1巻で登場してから成仏して姿を消す感じのようですが、一種の「学校の怪談」みたいなオカルトチックな象徴として「ハナシマさん」というタイトルで今後シリーズ化されているような感じがします。

 

posted by しろ 投票数 3 0


, ,

 

巷に実在・存在しそうな都市伝説やオカルト系な話がモデルな物語

1巻ではバラバラ殺人と謎の幽霊な転校生のオカルトなエピソード

hanashimasan1.jpg

この物語はミステリーというよりも都市伝説オカルト系ということで、不思議な転校生、華志摩玲子の身に過去にどんなことが起きてオカルトになったの?とちょっと予想していまうような表示になっていたりしますが、真相は本編を見て問う感じですね。

主な登場人物

hanashimasan2.jpg

2巻では学校でクラシックビューティーとまでの異名を付けれていた謎の美少女の失踪事件に纏わるオカルトなエピソード。

2巻ではオカルト好きな校内一の美少女の謎の失踪というお話。絶世の美貌を持っているという設定の草薙勾玉。彼女は周りからクラッシュビューティ(破壊的な美)と呼ばれているようですが、実は彼女は突拍子もない陰謀論だとかオカルトだとかに浸透しているマニア。彼女が突然消息を絶って失踪しますが、彼女が興味を持っていた「異世界へいく方法」というオカルトが彼女の失踪かかかわっているらしいという話しの展開。

hanashimasan5.jpg

主な登場人物

hanashimasan4.jpg

こうしてみると、オカルト、都市伝説に美少女が絡んだ、ちょっとのぞいてしまうという仕立ての作品と言えると思いますが、オカルト・美少女というモチーフが好きな人にはお薦めかもしれません。

第1巻:

ハナシマさん (ガガガ文庫)
発売日:2016/7/25

あらすじ(Amazonより):


『境界』の向こうには何かがいる――。


平和な町で猟奇殺人事件が起こった。 遺体の状態を見たベテラン刑事が驚愕するほどの凄惨な事件。それが連続的に発生するようになり事件規模が大きくなっていたある日。 町の高校にどこか作り物めいた美しさを持つ少女・華志摩玲子が転校してくる。彼女は最低限の返答以外はせず、他人を寄せ付けることはなく、不気味さだけが浸透し孤立していった。 常軌を逸しているものの自分に実害がないと判断し、クラスが玲子の存在に慣れ始めたころ。事件の捜査状況が進展をみせないためか、噂が噂を呼び「ホシカリリョウコ」という手足をほしがる都市伝説が犯人なのではと憶測が飛び交うようになる。 教室で生徒たちがその噂話で笑っていると 見ているではないか、 興味を示しているではないか、 あの華志摩玲子が。あまりに不気味な底のしれない漆黒の眼でこちらを見ている――。 しかし、その異様な光景に気づいているのは真田晴海という少女1人だけだった。 果たして奇妙な転校生は町で起こる猟奇殺人事件に関わりがあるのか、あまりに不気味な彼女の行動が恐怖を呼び覚ます。新感覚のフォークロアミステリ。 ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

 

第2巻:

ハナシマさん 2 (ガガガ文庫)
発売日:2017/1/18

あらすじ(Amazonより):


失踪事件の裏に都市伝説の噂あり――。


若い女性が次々と犠牲になった「北関東連続バラバラ殺人事件」から半年。奇妙な事件が後を絶たない韻雅町で新たに発生した女子高生失踪事件。 韻雅町西署の刑事、時田英臣と恩野美奈の二人は捜査に乗り出すも、消息を絶った女子高生・草薙勾玉は絶世の美貌を持ちながら、その中身は突拍子もない陰謀論や、馬鹿げた都市伝説、歪んだ哲学に傾倒している生粋のオカルトマニアで、偏屈者として有名だった。 学校内で「破滅的な美女(クラッシュビューティー)」というあだ名がつけられるほどで、その奇矯さから同級生に友人と呼べるような相手がほとんどおらず、捜査は難航する。 勾玉の後輩で唯一の友人だった桜井道隆にも彼女の行方についての心当たりはなかったが、聞き込みにやってきた時田との予期せぬ接点から捜査への協力を申し出るのだった。 勾玉の行方を追う道隆たちは、やがて彼女が失踪前に興味を示していた「異世界に行く方法」の噂から、都市伝説になぞらえた陰謀の存在に迫っていく――。 第10回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞のフォークロアミステリー第2弾!

 

しろ: 今後シリーズ化されるようならば、オカルト好きな人にはお勧めのタイトルとなるかもしれませんね。美少女とオカルトとちょっとおドロドロしい雰囲気って時たま覗いてみたくなったりするものなんだと思います。

posted by しろ 投票 3 0


, ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系