トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 異世界ファンタジー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

魔王の器(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:月野 文人 (著)
イラスト:ttl (イラスト)
出版社:KADOKAWA

皇国学院で劣等生として醜いいじめにあっていた主人公カムイ少年。ある日いじめられている最中に妖艶な魔族と出会い彼の身体の中に魔剣を預かります。
皇国に隠された魔像と人間との契。そんな運命を背負う事となった主人公の少年は学園で無二の仲間を得ながら、王宮派閥、叶わない恋、貴族や諸侯面々の思惑などをかいくぐり彼の運命を成し遂げていくダークファンタジーです。皇国を舞台とした壮大な偽治戦略や信頼ある重鎮を募って成り上がっていく主人公の物語から目がなせない感じの読み応えある作品だと思います。

 

 

世界の構図を変えてる数奇を運命背負った少年カムイの壮大な切ないファンタジー叙事詩が読み応え抜群です。

魔王の器 第1巻:

魔王の器 I
発売日:2017/1/31

あらすじ(Amazonより):我が忠誠の全てを捧ぐ。 貴族に生まれながら、劣等生として不遇の日々を送っていた少年・カムイ。 自ら死を望む彼の眼前に現れたのはーー漆黒の剣を携えた妖艶な魔族だった。 のちに≪四柱臣≫と呼ばれる仲間たちと交わした契り。 ≪黄金の世代≫と称えられる皇国学院の同級生たちとの邂逅。 運命はカムイを、少しずつ覇道へと導いていく。 少年の意志が、新たな戦記を紡ぐ。 ダーク・エピック・ファンタジー、ここに開幕。

 

魔王の器第 2巻:

魔王の器 II
発売日:2017/4/28

あらすじ(Amazonより):新入生失踪、貧民街炎上事件から幾日。学院は仮初めの平穏を取り戻していた。魔道士団長の娘・マリー率いる魔道研究会―そしてカムイたちを除いて。“合同演習合縮”に訪れたカムイを陥れる、マリーの罠。迫る“死”の足音…響く怒号と悲鳴。“1000の魔物”と激突する、生徒たちに残された未来。「死を恐れずに立ち向かう道を」―秘めたるカムイの実力が、今、解き放たれる。

 

しろ: 皇国を支配する王室や諸侯など大河ドラマののような下剋上みたいな緻密な話ってワクワクしますが、この作品ではそんな運命を背負い立身出生する物語の中で、なかなか恋が実らないヒロインとの衝撃的なドラマなんかがいい感じで織り交ぜられていたりするとろが渋い感じがします。全体として読み応えある作品だと思います。

posted by しろ 投票 1 0


, , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系