トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 学園モノ

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

いでおろーぐ!(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:椎田十三 (著)
イラスト:憂姫はぐれ (イラスト)
出版社:電撃文庫

この物語は花の高校時代を過ごすリア充たちに対して、クラスで目立たない地味ぃな立場の生徒たちが「反恋愛主義革命」というイデオロギーを掲げて恋愛至上主義との戦いを描くアンチリア充ドタバタなラブコメ作品です。「リア充爆発しろ!」ってある意味ギャグになっているとも言えますが、思春期に芽生える恋愛感情って捉え方によってはスクールカーストだとか人間関係だとか学園生活における十代男女が陥る以後ごちの悪さだとか空気をよまなければならい億劫さだとかひょっとしたらすべての煩わしい感情を誘発するような陰謀なのでは?という発想は面白いです。ラブコメとしてリア充とボッチで地味ぃな生徒たいのあるあるをネタにディスったり、コミカルにいじったり、ラブコメらしい展開が期待できる作品ですね。

 

posted by しろ 投票数 2 0


, , ,

 

思春期における恋愛感情は陰謀説を唱える少女と主人公の少年と同士の反恋愛革命ストーリー

おもな登場人物

領家 薫(りょうけかおる)

本作メインヒロイン。反恋愛主義青年同盟部(反恋部)議長、初期、風紀委員長。主人公高砂(たかさご)とは同じクラスだがクラスでは目立たないよう黒縁メガネをかけている。文武両道才色兼備という感じ。しかし幼少期母親の浮気により父親の男手一つで育てられて薫はそれいらい女を憎むようになり、反恋愛主義を掲げる切っ掛けとなっている感じ

 

高砂(たかさご)

両親と妹の四人家族。高校1年生になっても彼女がいない。渋谷などでいちゃいちゃするカップルを見て「リア充爆発しろ!」っておもうような典型的な非リア充な高校生。そんな主人公は領家薫(りょうけかおる)とであることで、反恋部の二人目の部員となる。毎日部室へ通い、領家薫(りょうけかおる)と部の活動をしていくがはたから見ればこれってリア充でしょという行動をとっていることになっていたりする。

 

西堀 優(にしほりゆう)

3人目の反恋部の部員。第2美術部部長を兼任する。実は彼女は同性が恋愛対象という百合な女の子。オタクで腐女子で実は自分の欲望に一番正直に動く。

 

瀬ヶ崎 渉(せがさきわたる)

テニス部の部長を兼任するテニス部の王子様ことイケメン男子。ファンクラブが3つもある。恋愛至上主義の女子高生にモテることに苦痛を感じる日々の中で反恋部に興味を持ち入部する。

 

神明 茜(しんめいあかね)

3年生の女子生徒。反恋部唯一の上級生。実は彼女は誰もが憧れる高嶺の花な美少女。ミスコンコテスト優勝者でもある。中学時代、体の発育の良さ故、周りの男子の目が嫌で内向的だった彼女は同じ読書好きな女の子と仲良くするのですが、周りから釣り合わないと言われ親友が不登校になってしまうというリア充に対するトラウマを持っている。

 

女児(じょじ)

高砂(たかさご)の妹。設定では謎な言動が多い小学生ですが、自分の事を地球外生命体って言ってたりますが、真相は良く分からない感じ

(Wikipeidaの設定にもあるように):見た目は、育ちの良いお嬢様学校の小学4年生。薄い色の髪の毛をツーサイドアップのショートカットにしている。
その実態は、人類すべてのモデルになった存在であり、地球外生命体。あるいは、神に近い存在である。彼女の目的は、地球を彼女らにとって住みやすい二酸化炭素濃度にテラフォーミングすること。その過程で、人類、すべての生物を死滅させクリーンにすることである。一方的な虐殺をおこなう気はなく、人類が繁殖することで資源や食料の枯渇をさせ、結果的な滅亡を望んでいる。人類の繁殖には恋愛至上主義との相性が良いので、大性欲賛会を結成。会長として、反恋部議長である領家薫を危険視している。高砂が反恋部に加盟した直後に現れ、高砂に取り入った。高砂の妹として人前では彼をお兄ちゃんと呼び、二人きりのときは高砂が敬語で話しかける。(WikiPediaより)どこまで本当なのか微妙なので作品の展開が気になる所・・。

 

販売中の全巻!

  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img

 

第1巻:

いでおろーぐ! (電撃文庫)
発売日:2015/3/10

あらすじ(Amazonより):


全ての恋愛は幻想である!? リア充爆発アンチラブコメ!


「恋愛を放棄せよ! すべての恋愛感情は幻想である! 」 雪の降るクリスマスイブ、カップルだらけの渋谷。街の様子に僻易していた平凡な高校生・高砂は、雑踏に向かってそんなとんでもない演説をする少女に出会った。 「我々、反恋愛主義青年同盟部は、すべての恋愛感情を否定する! 」 彼女の正体は、同じクラスの目立たない少女、領家薫。演説に同調した高砂は「リア充爆発しろ! 」との想いを胸に、彼女が部長を務める"反恋愛主義青年同盟部"の活動に参加する。やがて集まった仲間とともに『バレンタイン粉砕闘争』への工作を着々と進めるのだが――!? 「我々は2月14日、バレンタイン・デーを、粉砕する! 」 そして今、ついにその日を迎える――!!

 

第2巻:

いでおろーぐ! (2) (電撃文庫)
発売日:2015/7/10

あらすじ(Amazonより):


今度は温泉で反恋愛活動!? リア充爆発アンチラブコメ第2弾登場!


『バレンタイン粉砕闘争』での失策により、学園内での支持を失った反恋愛主義青年同盟部。生徒啓蒙の為に議長の領家が始めたのは、反恋愛プロパガンダ映画の制作で!? 彼女の思いつきに巻き込まれた部員たちは、生徒会が主催するスキー合宿へロケに行くことに! 「そこのスキー場でいちゃつく男女! 爆発しろ!!」(領家) 「……君の妹を絶対に振り向かせてみせる」(瀬ヶ崎) 「温泉……女湯……大好き」(西堀) 「旅ってさ……なんかわくわくするよね!」(神明) 果たして映画は無事完成するのか? 今回も反恋部の進撃は止まらない! リア充、徹底的に爆発しろ!!

 

第3巻:

いでおろーぐ! (3) (電撃文庫)
発売日:2015/11/10

あらすじ(Amazonより):


美少女新入生が反恋部にまさかの入部!? リア充爆発アンチラブコメ第3弾登場!


「学生注目!! 我々は反恋愛主義青年同盟部である! 高校に入ったら彼氏・彼女をつくり青春を謳歌しよう――そんな愚かな夢はきっぱりと捨てよ! 」 桜舞い散る新学期に、新メンバーをオルグするべく新入生歓迎会に乱入した反恋部。そして現れた入部希望者はまさかの美少女新入生・天沼皐。入部早々なぜか高砂に急接近する様子に領家のやきもきは爆発寸前で? 「領家、待ってくれ! 」 「話すことなど、何もない! 」 悪の根源はいつでも恋愛! リア充爆発アンチラブコメ、怒濤の第3弾登場!

 

第4巻:

いでおろーぐ! (4) (電撃文庫)
発売日:2016/3/10

あらすじ(Amazonより):


夏休みの恋愛イベントに怒りの鉄槌を! 大人気のリア充爆発アンチラブコメ第4弾!


「反恋愛活動に夏休みなどない! 」 期末テストを乗り越えて、ついにやってきた長期休暇。『ダラダラと過ごす夏』を心待ちにする高砂だったが、領家の発案で反恋愛思想の強化を理由に海へ合宿に行くことに! なぜかついてきてしまった女児も巻き込んで、夏真っ盛りの海水浴場へ乗り込んだメンバーたちはリア充粉砕の嵐を巻き起こす――! さらに縁日へ花火大会へ、リア充あるところ反恋部あり! 砂浜のスイカもゲバ棒で叩き割る、リア充爆発アンチラブコメ第4弾登場!

 

第5巻:

いでおろーぐ!5 (電撃文庫)
発売日:2016/10/8

あらすじ(Amazonより):


非リア充全面的解放の日は近い――リア充爆発アンチラブコメ第5弾!


「文化祭における生徒会との闘争で、反恋愛運動の革命的勝利を果たすのだ!!」 夏休みにリア充への怒りを新たにし、恋愛至上主義の極みとも言うべきイベント、文化祭を反恋愛闘争の天王山と定めて準備を進める反恋愛主義青年同盟部。しかし、その動きを察知した生徒会に先んじられ、革命拠点たる地下アジトを壊滅させられてしまう。 「地下アジト陥落の責任をとって、私は、議長を辞任する――」 「領家、お前は除名だ。軟弱者はこの部に必要ない、今すぐ出て行け!!」 そして反恋部対生徒会、史上最大の闘いが始まる。リア充爆発アンチラブコメ第5弾、非リア充全面的解放の日は近い!

 

第6巻:

いでおろーぐ!6 (電撃文庫)
発売日:#

あらすじ(Amazonより):


リア充爆発しろ! これは、非リア充の飽くなき闘争の記録である――。


「遊園地──それは恋愛至上主義の、ひとつの結晶とでもいうべき最悪の施設なのだ!」 領家の呼びかけによりGWの遊園地に乗り込んだ反恋愛主義青年同盟部の面々。完全アウェイの状況の中で調査行動を開始するが……? 「この列車のアトラクションは絶対に怪しいよ」(神明さん) 「子供向け遊具というのは隠れ蓑かも知れません」(瀬ヶ崎) 「薄暗い室内でおさわり……」(西堀) 「スピードが速い施設に何か隠されているのでは」(天沼) 「ティ、ティーカップなんかいいんじゃないかな……」(領家) ……果たして彼らは自らの道を貫き通すことができるのか!? さらに女児の策略により高砂は10年後の未来へ、そして何故か異世界に転生!? 話題の反恋愛活動記録、第6弾登場!

 

しろ: 反恋愛至上主義と言いながら、反恋部の活動自体がリア充そのものだった・・みたいな分かり易いオブラートに包まれた、「恋愛至上主義なラブコメが楽しめます!」というイデオローグを宣言している作品だと言えますね。だってタイトルの「でおろーぐ!」=「やっぱラブコメでしょ!」とも見えちゃうのは気のせい?

posted by しろ 投票 2 0


, , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系