トップ > カテゴリ > ラノベ・原作

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

空の境界(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:奈須きのこ
イラスト:武内 崇
出版社:講談社文庫/星海社文庫

かれこれ、バブルの残り香がただよっている2000年代初頭じゃった思うが、TYPEMOONの「空(から)の境界」を見て当時その作品のクオリティーとシナリオセンスに関心したものじゃった。まぁこの作品を伝奇と呼ぶか否かは、判断がわかれるのかもしれんが..物事の本質を見抜くヒロイン両義式「直死の魔眼」。魔術師が心理の追求を追い求めるその核となる境界ということになっておるが..作品の設定から物語のテンポまで、ラノベとういフォーマットとなっておるが、大人のための作品といえるクオリティじゃと思う。若い諸君らは、こういう原作をみて、円盤でこいう作品が10年近く前に同人期限の会社で制作されていたのじゃと感心してもるのもええじゃろう。。

 

 

新しい!?伝奇作品の中でもこれは傑作の一つ

販売中の全巻!

  • img"
  • img"
  • img"
  • img"

上巻

空の境界(上) (講談社文庫)
発売日:2007/11/15

あらすじ(Amazonより):2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れたのは、この世のあらゆるモノの死を視ることのできる「直死の魔眼」。死を体現した結界で、彼女は何を思うのか…。伝説の同人小説、待望のノベルズ化。

中巻

空の境界(中) (講談社文庫)
発売日:2007/12/14

あらすじ(Amazonより):“根源の渦”を目指す孤高の魔術師・荒耶宗蓮が張り巡らした、死そのものを体現化する太極の結界。あらゆるモノの死を視ることのできる両儀式の“直死の魔眼”は、この絶無の結界を打ち破れるのか―!?もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作―。

下巻

空の境界(下) (講談社文庫)
発売日:2007/12/14

あらすじ(Amazonより):その闇を見ろ。そして己が名を思いだせ-。「直死の魔眼」を手に入れた少女・両儀式を襲う数々の怪異。死そのものを体現化した太極の結界。永遠を求める魔術師。式を苛む殺人衝動の先に、真実を告げる記憶の境界が開かれる!

上中下巻セット

空の境界 上・中・下巻 セット (講談社文庫)
発売日:2007/1/1

セット大人買いしちゃう!?:なんとなく気に入ったら発売中の全巻を大人買いしちゃうのも!?

未来福音

空の境界 未来福音 (星海社文庫)
発売日:2011/11/11

あらすじ(Amazonより):新伝綺ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作、『空の境界』の唯一にして正統なる継承作品として発表された伝説の同人作品を、満を持して星海社文庫化。未来 視の少女・瀬尾静音と出会った黒桐幹也と、同じく未来視の連続爆弾魔・倉密メルカと出会った両儀式。ふたつの“未来”が重なり合う結末の行方は―!?これ ぞ未来と過去を繋ぐ空白にして未来への福音。

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)

劇場版「空の境界」未来福音(完全生産限定版) [Blu-ray]
発売日:2013/7/10

Fateとか魔法使いの夜(ゲーム)とかTypmoonの作品が好きな奴でこれしならい奴はおすすめじゃ:"「生きているのなら、神様だって殺してみせる」 これは、望まぬままに万物の生の綻び… 死線を視る力「直死の魔眼」を得た独りの少女の物語。名を両儀式という。もとより「彼女」は自身に課せられた運命を無関心なまま受け入れていた。しかし、その生に疑問を抱いた刹那、皮肉にも二年もの昏睡状態に陥ることに。やがて、目覚めの刻は訪れる。そのとき、世界は変わっていた。否、違っていたのは己だった。かくして煌めくナイフを握り、日常と非日常の狭間に棲む怪異を追うことが唯一の生きる糧となる。……見守る眼差しがあることを知りながらも。 【Disc 収録内容】 ○『第一章 俯瞰風景』 ○『第二章 殺人考察(前)』 ○『第三章 痛覚残留』 ○『第四章 伽藍の洞』 ○『第五章 矛盾螺旋』 ○『第六章 忘却録音』 ○『第七章 殺人考察(後)』 ○特典:『劇場版「空の境界」終章 / 空の境界』"

劇場版「空の境界」未来福音(完全生産限定版) [Blu-ray]

劇場版「空の境界」未来福音(完全生産限定版) [Blu-ray]
発売日:2014/2/19

今年劇場版発表されとったが、新しいお話も入った最新のBOXなのじゃ:"1998年8月3日、猛暑の盛り。倉密メルカを追って、両儀式は現れた。 「――よう。追いついたぜ、爆弾魔」 その直後、式は爆発に巻き込まれる。彼には『未来を予見する力』があった。 同じ夏。礼園女学院の生徒・瀬尾静音はひょんなことから黒桐幹也に出会う。 無条件に自分の言葉を信じてくれた幹也に、淡い恋心を抱いた静音。 静音は、幹也に長年培ってきた悩みを打ち明ける。 「わたし、未来が視えるんです」 それから数年後、また暑い夏がやってきた。 瓶倉光溜は雇い主の依頼で、その娘の未那と共に、「未来が視える」占い師の元を訪ねる――。 未来を視る者たちがつくり出す舞台は、多くの主役たちによって回っていく。 幸せは、キミの側に。"

てきとう: ワシはめちゃくちゃすきなのじゃが。。

posted by てきとう 投票 2 0


, , , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系