トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

ヒカルが地球にいたころ・・(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:野村 美月
イラスト:竹岡 美穂
出版社:ファミ通文庫

タイトルから主人公がヒカル君だと思ってしまいますが実は、顔つきが不良な平安学園に通う赤城是光(あかぎこれみつ)君が主人公。赤城くんは、顔つきが悪いという設定から孤独なステルス生活を余儀なくされる主人公。一方、ヒカル君は、家も大金持ちで、多くの女性から好意を寄せられる王子様的な存在。そんなヒカル君が不運な事項で死んでしまって幽霊になってしまって、赤城君に取り付いてお願いして、それまでヒカル君が付き合っていたり、心配していた女の子たちに、赤城君にお願いして関わってもらうというお話です。

この世に今は居ない登場人物を通して、目つきの悪い不良少年主人公が、本来であれば絶対接点のないような彼とかかわりあった少女たちと出会い、さまざまなエピソードが紡がれる不思議なボーイ・ミーツ・ガールものです。

 

 

死んだ王子様の軌跡を不良少年が辿るボーイ・ミーツ・ガール系の物語

それぞれの巻でヒロインとなる少女がいるのですが、ヒカルくんの婚約者から絶対権力をもっている生徒会長や訳アリの美少女までこれまで、友達も少なくどちらかというと女子と関わりをもってこなかった赤城君がヒカル君の軌跡をめぐって、そういう少女達と心を通わせながら思いを寄せ合うようになるような少女攻略型のちょっと美味でしっとりした感じのお話なのです。各巻でそれぞれのヒロインとヒカル君の関わりだけでなく、それぞれのヒロインの生い立ちや背景が浮き彫りにされていくことで、それぞれの生き様とかが、赤城君という顔が不良っぽいけど、心はやさしい主人公とのかかわり方を通して、Fragileな人間の心の在り様みたいな事が繊細に、ちょっとラブコメ要素も調味料としてほんのり分かる程度に織り込まれている作品なのでした。現実世界ではありえないというか、絶対いないだろ!という登場人物像が逆にリアルに感じられつつ、共感・妄想できる点などが支持されるポイントなのかもしれません。

発売中の全巻

  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"
  • img"

第1巻:"葵" ヒカルが地球にいたころ

"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)
発売日:2011/5/30

あらすじ(Amazonより):「心残りがあるんだ」恋多き学園の“皇子”ヒカル―その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。このまま幽霊につきまとわれ続けるなんて冗談じゃない!と渋々“心残り”を晴らす協力をすることにした是光だが、対象の左乙女葵―“葵の上”と呼ばれる少女は、頑なに話も聞こうとせず、生徒会長の斎賀朝衣にも不審がられ、敵視されるハメに。そんな時、ヒカルの死にまつわるある噂が聞こえてきて―!?野村美月が贈る、ミステリアス現代学園ロマンス、堂々開幕。

第2巻:“夕顔” ヒカルが地球にいたころ

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)
発売日:2011/8/29

あらすじ(Amazonより):取り憑かれ、うっかり友達になってしまった幽霊のヒカルのため、その“心残り”を晴らす約束をした是光。ヒカルが示した次の相手は、内気な引きこもりの少女だった。夜にだけ咲く儚い花のような少女、夕雨。閉じた世界で幸せに微笑む彼女と過ごすうち、徐々に放っておけない気分になる是光だったが…。何故か約束の内容を告げないヒカル。そんな中、夕雨を不登校にした“怨霊”の噂が学園に蘇る。その正体を前に、是光は―!?大人気シリーズ第2巻、登場。

第3巻:“若紫”ヒカルが地球にいたころ

“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3) (ファミ通文庫)
発売日:2011/12/26

あらすじ(Amazonより):「お兄ちゃんが、ヒカルのお友達……なの?」ヒカルの次の"心残り"は何と、九歳・小学四年生の美少女だった!! ドン引きする是光だったが、見かけによらずしたたかな少女、紫織子には弱みを握られ、ヒカルにも頼み込まれて、しぶしぶ彼女の面倒を見ることにするが……。案の定ロリコンと誤解され、葵や帆夏にも白い目で見られて散々なことに。さらに紫織子は、大金を稼ぐため、大物を狙った"雀狩り"を企んでいて--!? 大人気シリーズ第3巻、登場!!

第4巻:“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ

“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……(4) (ファミ通文庫)
発売日:2012/4/28

あらすじ(Amazonより):突然葵から「彼氏になってください」と頼まれてしまった是光。そのせいで帆夏ともギクシャクしているところに、さらに“ヒカルの愛人”を名乗る少女、月夜子が現れる。「わたしがヒカルの大事な花を散らさないように、見張っていてくれる?」という言葉に、是光は、彼女の主催する日舞研に仮入部するが…。次次とむしり散らされる学園の花。やがて、葵の身にも危険が迫る。謎めいた言動をする月夜子の本意は?そして彼女が恐れる“蜘蛛”とは―?大好評第4巻。

第5巻:“末摘花" ヒカルが地球にいたころ

“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)
発売日:2012/8/30

あらすじ(Amazonより):夏休み。帆夏とプールにいくはずが、何故か紫織子同伴になり、張り合う二人に振り回される是光。一方で、ヒカルの次の“心残り”を晴らすため動き始めるが、「今度の女は、どこのどいつだ」「それが、弱ったことに、ぼくにもわからないんだ」―名も顔も知らない少女を見つけることが“約束”だと言うヒカルに唖然とすることに。ブログの記事を唯一のヒントに、約束の喫茶店を訪れてはみたものの、なんとその店では葵がバイト中で!?大人気学園ロマンス第5巻。

第6巻:“朝顔" ヒカルが地球にいたころ

“朝顔" ヒカルが地球にいたころ……(6) (ファミ通文庫)
発売日:2012/12/27

あらすじ(Amazonより):「ぼくと朝ちゃんの最初の約束を、ぼくの代わりに叶えてほしい」―ヒカルにそう頼み込まれてしまった是光。犬猿の仲の朝衣と関わるのは気が進まないながらも、しぶしぶ“約束”を果たそうとするが、拒絶する朝衣と喧嘩を繰り返す内に、何故か二人が恋仲だと噂になり―?帝門家の権力争いを制そうとする朝衣の、本当の目的とは一体何なのか。また対立候補として現れた一朱も、葵や朝衣を標的に、災いの種をまき始め…。大人気学園ロマンス、第6巻。

第7巻:“空蝉" ヒカルが地球にいたころ

“空蝉" ヒカルが地球にいたころ……(7) (ファミ通文庫)
発売日:2013/4/30

あらすじ(Amazonより):ヒカルの“最愛”。その人の想いを尋ねようと訪れた教会で、是光とヒカルは清楚な女性に出会う。空という名の彼女は“天使の子”を身ごもっているという…。「どうしよう。きっと僕の子だ」「って、何だとぉ―っ!?」空と子供を守ろうと奔走する是光だったが、学園に誤報が飛び交い、あらぬ疑いをかけられて…!?ヒカルの子供の存在に動揺する葵、蠢動する一朱。様様な想いが交錯する中で、隠された真実が明らかになる―。大人気学園ロマンス、第7巻。

第8巻:“花散里" ヒカルが地球にいたころ

“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8) (ファミ通文庫)
発売日:2013/8/30

あらすじ(Amazonより):母との別れを支えてくれた葵を、妙に意識してしまい動揺する是光。そんなところに、「ぶ、文化祭の実行委員に、赤城是光くんを、推薦します」みちるの発言に始まり、月夜子主催の日舞研の出し物、朝衣の特別警護班への参加要請と、文化祭の準備に奔走するハメになってしまう。学校行事には慣れない上に、クラスメイトには避けられ、帆夏も何故か素っ気ない態度。そんな時、資料を差し入れてくれる、正体不明の援助者が現れ―!?大人気学園ロマンス、第8巻!!

第9巻:“六条" ヒカルが地球にいたころ

“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)
発売日:2013/12/26

あらすじ(Amazonより):帆夏と葵の告白に返事ができないまま、夕雨と再会した是光。「わたし、笑い上戸になれた、かな?」朗らかな夕雨にドキドキしつつも、揺らぐ自分の心に戸惑うことに。そんな時、学園にまたもや不穏なメールが飛び交いはじめる。『ヒカルの君を巡る女たちは、赤城是光が虞美人の名のもとに断罪する』―。メールを気にするあまり、ぎくしゃくし、すれ違っていく是光たち。それを嗤うメールの送り主の、真の標的とは…!?大人気学園ロマンス、第9巻!!

第10巻:“藤壺" ヒカルが地球にいたころ

“藤壺" ヒカルが地球にいたころ……(10) (ファミ通文庫)
発売日:2014/4/28

あらすじ(Amazonより):『わたしとあなたがはじまった場所へ。あなたが裏切った場所へ。約束をはたしに来て』―是光の携帯に届く、“藤乃”から“ヒカル”に宛てたメール。そこには、紫織子の写真が添付されていた…。信州に向かい、藤乃と対面した是光。そこへ藤乃を名乗り紫織子を誘拐した人物の情報がもたらされる。彼女の真意は何なのか。はたされなかった約束とは。ヒカルが命を落とした場所で、すべての秘密が暴かれ、そして―。感動のクライマックス!!

ヒカルが地球にいたころ…… 文庫 1-10巻セット (ファミ通文庫)

ヒカルが地球にいたころ…… 文庫 1-10巻セット (ファミ通文庫)
発売日:2014/4/28

セットはこちら(:D)┼┤

部長: 他人の関わったものを探索することで、リアルなその人が浮き彫りになっていくという流はハマってしまう。。見方を変えると現代版の光源氏風な色男の軌跡を託された男性の視点で巡るみたいな切ないロマンチックなそれぞれの話から目が離せなくなるという感じでしょうか・・・

posted by 部長 投票 3 0


, , , , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系