トップ > カテゴリ > ラノベ・原作

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

バビロン(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:野崎まど (著)
イラスト:
出版社:講談社タイガ

検事局というと正義の巣窟って感じのイメージがある人は多いのかもしれませんが大人になってくると、検事局の正義という名のちょっと悪の香りがするようなニュースや出来事みたいなものをマスコミやネットなどを通してちらっと臭わされられるようなこともあるのかもしれません。

国家ぐるみで生態実験をしたいたら?だとか、増えすぎた人口を間引きするために自殺を合法化するような法律が作られたしたら?だとか、実社会でも疑ってかかればひょっとしたらそいうことかも・・みたいな感性がはぐくまれてしまうようなテーマのミステリー小説かもしれません。

主人公は東京地検特捜部の検事。政治や新興宗教じみた狂気な策略を機密捜査班を組織しながら解明して行く感じですが・・・どの話でも裏に暗躍する謎の女的な要素がミステリーな雰囲気をより演出してくれる感じがします。

 

 

陰謀系のミステリーサスペンスは国家のレベルまで話が行くというが常

第1巻:―女―

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)
発売日:2015/10/20

あらすじ(Amazonより):東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社・日本スピリと国内4大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。その捜査の中で正崎は麻酔科医・因幡信が記した一枚の書面を発見する。そこに残されていたのは毛や皮膚混じりの異様な血痕と、紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」であった。正崎は、事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に暗躍する陰謀と、それを操る謎の人物の存在に気がつき……?

 

第2巻:2 ―死―

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)
発売日:2016/7/20

あらすじ(Amazonより):64人の同時飛び降り自殺――が、超都市圏構想“新域”の長・齋開化(いつき・かいか)による、自死の権利を認める「自殺法」宣言直後に発生! 暴走する齋の行方を追い、東京地検特捜部検事・正崎善(せいざき・ぜん)を筆頭に、法務省・検察庁・警視庁をまたいだ、機密捜査班が組織される。 人々に拡散し始める死への誘惑。鍵を握る“最悪の女”曲世愛(まがせ・あい)がもたらす、さらなる絶望。自殺は罪か、それとも赦しなのか――。

 

うおみぃ: 謎の女という女性モチーフというのがミステリアスな展開をさらに奥深くするという点では男性よりも女性の方がミステリアスな感じにあっているんでしょうね。何故?って考えてみたのですが、女性の方が頭で論理的に考えるおでなくて、心で感情的な感性で感がる点が読みにくいということかなぁ・・・と思ったりしたのですがどうなんでしょう?

posted by うおみぃ 投票 4 0


, , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系