トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:野村美月 (著)
イラスト:河下水希 (著)
出版社:ダッシュエックス文庫

恋愛というのはタイミングやきっかけや確率論的ないろいろな要素が絡み合ってなされる非常に複雑なものなのかもしれませんがそいう意味ではたまたま好き人なった人が同じ人だっただとか、思いを寄せる人が、いつの間にか親友の恋人になっただとか、そういうモチーフはその不確定要素が集約された現象として読者の興味をそそるのでしょうね。

この物語は冒頭で、主人公のモテまくり・イケメン親友に恋人ができたといわれるところからスタートします。
実は主人公は朝バスで合うスケッチブックを持った気になる少女がいたのですが、なんと親友の彼女というのがその少女だったんですね。
2人は過去にも三角関係人なったトラウマがあり、それから彼女を作っていなかったようなのですが、そんな2人が恋をしたのが1人の少女。

 

 

友情と恋愛どっち?という三角関係。1人のヒロインを巡る2人の男心を描いたどちらかというと女の子向けな切ないキュンキュンモノ

そこから主人公の苦しい親友の彼女への思いを隠しながら学園生活を送るという日常がスタートするのですが、なぜか、その彼女とニアミスする主人公、先輩女性とにも後押しされながら、物理法則のように、共通の読書の話題などから親友の彼女と主人公が段々と惹かれ合うようになっていく・・・。

fallinlovewithfriendsgirlfriend-img.jpg

イケメン男子で周りの女子から言い寄られる金髪男子の親友があえてスケッチブックを抱えている地味な女の子を気に止まり恋人同士になってしまうのですが、主人公は毎朝通学のバスの中でスケッチブックを抱えるエキセントリックな香りのする女の子の目があったりして気になっていた。というかこれ絶対両方とも意識していますよねぇ。多分。

話の流れとして、「四月は君の嘘」のようにヒロインが本当は気になる主人公に近づくために好きでもない主人公の友達と付き合うふりをするという展開もあったりしますが・・。

やっぱり恋愛のこういう不確定要素というか苦しい感じ、人目を阻んでという障壁がある感じが読者にある種の快感を与えてくれる・・そんな作品だと思います。

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)
発売日:2014/11/21

あらすじ(Amazonより): 「弘凪!オレ、彼女ができた」親友の相羽遙平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学生二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするが―。

 

くろ: この作品は男子の視点での心情が描かれていることが多いのでどちらかというと女の子が読んでも楽しめる作品だと思います。

posted by くろ 投票 3 0


, ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系