トップ > カテゴリ > アニメ情報

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

文学青年安曇小太郎(あずみ こたろう)と水野茜(みずの あかね)の中学思春期の淡い恋心の感覚を太宰治の小説を交えながら描く様が純粋だけどちょとエッチなニュアンスがリアルな感じ

中学三年生になったばかりの小説家志望の主人公:安曇小太郎(あずみこたろう)となった陸上部の水野茜(みずのあかね)2人の思春期の恋とはこういのを言うのね♪という淡い・プラトニックな学園ラブストーリーが描かれているアニメです。

思春期に異性対して意識し始めるであろう「淡い感情」を太宰治の小説作品のフレーズを所々に織り交ぜながら多感で不安定な10代前半の初心な感情がちょっと郷愁さそいながら誰もが10代に抱いたかなぁというちょっとエロチックな異性への感情みたいなヤツが出ているところが特徴的な感じ。

 

 

アニメ『月がきれい』新学期が始まる4月に似合う作品かも。

太宰っぽい文学の世界を引き立てる風景・背景画が緻密で綺麗。

季節は4月。記憶の奥底にそういえば・・という感じで残っている一瞬で散ってしまう桜の季節のに匂いが感じられるような風景が印象的。

中学三年生の新学期。恒例のクラス発表の掲示板はワクワクですね。

学校の体育間の匂いが感じられるような空気感

図書室の雰囲気

街の雰囲気

1話では、どこにでもありそうな街のどこにでもありそうな学校で、誰もが記憶にありそうな校舎や図書室などの舞台装置を印象付けるきれいな背景が印象的。

ファミレスで主人公とヒロインの家族に一緒になるという所も地元っぽくて写実的。

小学生ぐらいまでならば、一緒に遊ぶのでしょうが、中学三年ぐらいになるとちょっとどこか恥ずかしところが出てくるのも「そんな感じだったかなぁー」と多くの人が共感を感じる部分かもしれません。

細かいところでは、ヒロイン:水野茜(みずの あかね)『川越第三 陸上競技部』って背中にプリントしてあるジャージを着て家族でファミレスに来ているところでしょうか。

これが高校生ぐらいになると、学校名と部活名が印字されてジャージを着て家族と外に出るのってちょっと嫌になりますよね。

そういう意味では幼さ残るヒロイン像も細かいところでよく出ていると思います。

太宰治の小説「女生徒」と「グラビアアイドル雑誌」の対比が思春期の男の子の脳内を分かり易く想像させてくれる。

グラビアアイドル雑誌のムチムチな表紙を見た後に「女生徒」という太宰のタイトルに目が留まり・・

パラパラめくって目が留まる一節がエロいです。

「先生は、私の下着に薔薇のあることさえ、知らない。」

「男の子ってこういう一節から第2時世長期を迎える脳内妄想がいろいろと膨らんでいくんだなぁ」ーと想像できちゃうところがちょっと文学的な匂いがします。

太宰の「女生徒」で異性の未知なる感情というものが脳内に刷り込まれた主人公:安曇幸太郎くんは、体育祭で走る陸上部の水野茜の走る姿を目にして、彼女のお尻とこれから成長する胸に「エロス」を感じてほっぺが赤くなっちゃいます。

2話の冒頭で、この作品のテーマ的なものがネタバレっぽい太宰の一説が主人公が語りますが・・・

「人は人に影響をお与えることができず、また人から影響を与えられることもできない」

ってヤツ。

水野茜の「恥ずかしいけれど走ることが好き」って↑こんな感じのはにかんだ顔で言われた主人公は見事に影響を受けてしまった自分に「はっ」としちゃうところがかわいいですね。

多分ですが、小太郎君には異性に対する不思議な感情がこのとき芽生えたのでしょうね。

お互いの距離が少し近くなった2人はこんな感じでLINEでやりとりするのが楽しいのが良くわかる

体育祭で寝癖がすごかったから「ハネテル君」ってあだ名がより2人距離を縮めているところがリアル。

それまで小太郎くんは自分が書いている小説を人に見せることが恥ずかしと思っていたのですが、茜の「恥ずかしけれど走ることが好き」を聞いてから、小太郎くんは小説を各モチベーションがより一層ヒートアップしていく感じです。

この時僕は「人が人に影響されないなんて大嘘だと知った」

って言っていますが、これは恋する男子は変わる!ってようにも見えますね。

2話の最後で通っている古書店の店主に自分の小説を評価してもらうようになった小太郎君ですが、茜をモデルにした恋愛小説だったりしたらこれはこれで、ちょっとキュンキュンしていまいます。

この作品実写映画化もされているようですが、ある意味万人受けする青春前の文学的なラブストーリーといいう雰囲気が出ていると思います。

少年少女の感情が成長していくプロセスと、安曇くんの書く小説という2軸の展開が楽しめそうな作品。

それにしても安曇くんの書いている小説が気になります。

部長

この作品って実写映画化もされたようですが、アニメに登場する背景が結構力が入っていますね。桜の咲く季節から運動会が開催される5月ぐらいの空気感がよく出ていてよかったです。

posted by 部長 投票 2 0


, , , ,

コメント

コメントの投稿


おすすめ記事

戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系