トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

君と四度目の学園祭(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:天音 マサキ (著)
イラスト:やすも (イラスト)
出版社:角川スニーカー文庫

こういうタイトルと装丁の絵の作品ってやっぱり気になる人は多いのではないでしょうか?まだ発売前ということで、タイトルと紹介文分から内容を想像してい見たいと思うのですが、物語は、幼馴染系のラブストーリーという設定みたいですね。高2の刻谷結羽太と幼馴染の少女新都久遠2人の物語という感じですが、幼馴染の彼女が学園祭で誰かに告るという噂を聞いた主人公がひそかに隠していた「好き」という思いを伝える決意をするのですが・・実はもうこの世にいない・・という切ないお話しなのか・・誰かに告白しようとしていたのは実は主人公に!で、トラック事故に実際にあっていた主人公はこん睡状態で、学園祭には呪縛レイとして彼女に記憶の想いを伝えようとするのだとか、もしくはSFチックなギミックがありながら何度もやり直しした上で帰ら得ない運命の切なさだとか、それとも涙涙のハッピーエンドなのか、想像が膨らむ感じの作品ですね。

 

 

思わせぶりなタイトルと表紙絵についついて手に取ってしまいそうな作品

君と四度目の学園祭

君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)
発売日:2017/6/1

あらすじ(Amazonより):


このままの関係が続けばいい。そう思ってた――。

高2の秋。 5日後に迫った学園祭の練習の帰り道、刻谷結羽太はトラック事故に遭いかける。傍らにいた幼馴染の少女・新都久遠がわがままを言って引き留めなければ、大事故になっていたかもしれない。九死に一生を得た結羽太だったが、その後も何かとトラブルに見舞われるように。そんな折り、久遠が学園祭で誰かに「告白」するという噂を聞く。はっきりと彼女への想いを認識した結羽太は久遠に想いを伝える決意をするが……。今日の「告白」を忘れてしまっても、明日君が「思い出」から消えても、必ず伝えにいくから。だから、どうか学園祭で待っていて――。恋と焦燥と疾走が胸を焦がす、青春エンターテイメント!

 

くろ: 発売されてから時間があるようならば読んでみて追記しようかと思いますが、彼女との4回目の学際というタイトルから、いろいろ想像できちゃう作品できになるところ。

posted by くろ 投票 2 0


, , , ,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系