トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 青春・恋愛・ラブストーリー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

君が電話をかけていた場所(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者: 三秋縋
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫

中学生四人の登場人物による複雑な四角関係の恋の行方が展開される切なくてハラハラドキドキする物語です。この作品の面白いところは単なる思春期の男女の恋の話が描かれているだけでないところ顔に大きな痣の主人公の少年がちいさ頃助けたとされる人魚がその主人公に惹かれ、彼に賭けを持ちかけるというレトリックが4人の人間関係を複雑で謎に満ちたモノにして行きます。 まさに恋は謎と神秘に見ているというのが物語でうまく表現されている感じでしょうか。 賭けに載った主人公は、思いを寄せる唯という少女に告白出来ずにいます。なぜならば顔の痣がコンプレックスになっていたから。 賭けを受けた主人公の痣は翌日消えますが、再開した唯の顔には主人公の顔にあった痣が代わりにある始末。痣の事があるからどうかは不明ですが主人公のことを拒絶する唯。でもなんとか彼女と中を取り繕おうとする主人。彼は賭けに負けると人魚姫伝説のように死ぬことになっていたからです。 主人公陽介の親友の檜原、席がとなりの千草、ともに唯を誘って天体観測をするのですが、実は彼女は友達である檜原の事を意識しているらしい・・・と見事な四角関係とう展開です。 思い思われという心がデリケートに化学反応するような人間関係が・・ちょっと甘酸っぱくて切ない青春を感じることができるハズ。

 

 

10代のすれ違う恋心と人魚姫のファンタジーな試練トリックの展開がハラハラドキドキする切ないラブストーリー

遠回りをするような10代の恋心とうのは切なくてキュンキュンしてしまう・・

主人公陽介、彼が思いを寄せる唯、人魚が体を借りた千草、と親友檜原4人をとりまく10代の人間関係とすれ違う思いが遠回りな惹かれ合う心がもたらす少年少女の行動に悲劇あり、ドキドキハラハラありの展開に期待です。

theplaceyouwerecalling-1.jpg theplaceyouwerecalling-2.jpg 物語の軸は主人公に「賭け話」電話で持ち掛けてきた人物。実は幼い時に海で主人公に助けてもらった人魚が実在する千草の体を借りて陽介に賭けというゲームを仕掛けていた調本人。 その後、唯はいろいろな出来事から自殺を図って記憶喪失になりますが、偽りの恋を成就させることに戸惑いを感じる主人公は、死を覚悟します。 そこへ人魚の千草が現れてネタバレするような流れですが、実は陽介も唯も両想いだったという10代の何処か素直になれないような、人と交わるデリケートな人間関係がもたらす誤解やすれ違いが生むドラマというか切なさというかがなんとも言えない余韻を残してくれる感じです。

君が電話をかけていた場所:上巻

君が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)
発売日:2015/8/25

あらすじ(Amazonより):公衆電話の受話器を取ってしまったその瞬間、不思議な夏が始まる。 上下巻で二ヶ月連続刊行。 「賭けをしませんか?」と受話器の向こうの女は言った。 「十二歳の夏、あなたは初鹿野さんに恋をしました。しかし、当時のあなたにとって、彼女はあまりに遠い存在でした。『自分には、彼女に恋をする資格はない』。そう考えることで、あなたは初鹿野さんへの想いを抑えつけていたのです。……ですが、同時にこうも考えていました。『この痣さえなければ、ひょっとしたら』と。では、実際に痣を消してみましょう。その結果、初鹿野さんの心を射止めることができれば、賭けはあなたの勝ちです。初鹿野さんの気持ちに変化が起きなければ、賭けは私の勝ちです」

 

僕が電話をかけていた場所:下巻

僕が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)
発売日:2015/9/24

あらすじ(Amazonより):もう一度、あの恋に賭けてみようと思った。 二ヶ月連続、上下巻構成で贈る三秋縋の完全新作。 ずっと、思っていた。この醜い痣さえなければ、初鹿野唯の心を射止めることができるかもしれないのに、と。「電話の女」の持ちかけた賭けに乗ったことで、僕の顔の痣は消えた。理想の姿を手に入れた僕は、その夜初鹿野と再会を果たす。しかし皮肉なことに、三年ぶりに再会した彼女の顔には、昨日までの僕と瓜二つの醜い痣があった。 初鹿野は痣の消えた僕を妬み、自宅に閉じこもる。途方に暮れる僕に、電話の女は言う。このまま初鹿野の心を動かせなければ賭けは僕の負けとなり、そのとき僕は『人魚姫』と同じ結末を辿ることになるのだ、と。

 

しろ: 恋心を抱いてしまったら、その相手の気持ちを確かめる事がどれけ勇気が必要で難しいきわどい駆け引きをしなければならくなるわけですが、恋のテーマってこうしてみるとある意味少年少女の冒険譚だともいえるように思います。この上下作品は、芥川龍之介の鼻のようなモチーフもありながら、ファンタジーな駈け事を仕掛けてきたのが人魚姫伝説にあるような人魚だったというのがメルヘンでロマンチックですね。

posted by しろ 投票 11 0


, , , , , タグ:

コメント

コメントの投稿


 

『三秋縋』の関連記事

  • ||| いたいのいたいの、とんでゆけ(ラノベ/小説・紹介・感想)

    「いたいのいたいの、とんでゆけ」という作品は、「先送り」の能力を持つ少女と親友が自殺して自暴自棄になった青年の出会いからはじまります。 その出会いとうのが自暴自棄になって飲酒運転をしてその少女を轢いてしまった事からというもの。本来死ぬはずだ...

     

  • ||| スターティング・オーヴァー(ラノベ/小説・紹介・感想)

    主人公の青年がある日目が覚めると10歳の頃に戻っているという話。二度目の人生を着るチャンスを獲る訳ですが、普通ならば後悔した事や、やり直したい事があったりして、一度目の記憶を持ちながらもう一度やり直せるとしたらそれなりの回避行動だとか、ちが...

     

  • ||| 君が電話をかけていた場所(ラノベ/小説・紹介・感想)

    中学生四人の登場人物による複雑な四角関係の恋の行方が展開される切なくてハラハラドキドキする物語です。この作品の面白いところは単なる思春期の男女の恋の話が描かれているだけでないところ顔に大きな痣の主人公の少年がちいさ頃助けたとされる人魚がその...

     

  • ||| 三日間の幸福(ラノベ・小説作品)

    大人になると、「惚れた腫れた」という衝動的な恋への行動というものを思春期の若い人たちのものだとちょっと冷めた目でみてしまうことがあるかもしれません。特に男性は仕事をするようになるとビジネス=成果=お金という観点から合理的、効率的、費用対効果...

     

戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系