トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > 現代ファンタジー

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

いつかの空、君との魔法(ラノベ/小説・紹介・感想)

著者:藤宮カズキ (著)
イラスト:フライ (イラスト)
出版社:角川スニーカー文庫

箱庭世界という設定がありますが、このも語りは空から下が箱庭世界という感じ。その昔地球でも海の果ては途切れていて、奈落の底におちる多岐になっているという世界観もありますが、この物語の世界は近代化された都市アステルというのが舞台。近代都市とファンタジーな魔法使いという組み合わせと、空を巡る謎という組あわわせは、物語を紡ぐ舞台装置としてドラマが生まれるワクワク感をかもしだしてくれてること間違いなし的な・・・

物語は幼馴染の少年少女の邂逅からはじまりますが、2人は唯一空へ上ることが許される魔法使いの飛行士。幼いころに遺恨を残し、少年は空を飛ぶのが苦手、少女は空をとばないといけいけないとういうような相反する形で大人の階段をあがっていたという2人が出会うところからドラマがはじまる予感という感じで楽しむといいと思います。

 

 

長馴染みの少年少女が時を経て魔法使いとして邂逅(かいこう)する物語

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)


発売日:2016/8/31

あらすじ(Amazonより):その空の色を、まだ誰も知らない。 酸素と同じように、人々の生命活動に精霊が不可欠な世界。 近代化された都市・アリステルに生きる人々は、常に上空を覆うダスト層雲によって空の青さを知らずにいた。 ダスト層雲を払い、精霊を呼び寄せることが出来るのは、箒に乗って魔法を使う儀式<グラオベーゼン>の担い手である<ヘクセ>と呼ばれる10代の少年少女だけ。 箒さばきと造形魔法が天才的なものの高所恐怖症という三流ヘクセの主人公カリムと、彼の幼馴染みで当代随一のヘクセ揺月は、過去の事故以来お互いのことを気にしながらも疎遠になっていた。 そんな中、アリステルの街を危機に陥れる規模の精霊不足が起こり、カリムと揺月は二人でグラオベーゼンを行うことに。 全く噛み合わない二人は、町の人々を救うため「青空」を招くことが出来るのか――。


「あの雲が、本当のことを全部隠してるんだ」常に上空を覆う雲によって、空の青さを知らない世界。雲を払えるのは“ヘクセ”と呼ばれる魔法使いの少年少女だけ。並外れた飛行技術を持つ少年カリムは、幼馴染みで当代随一の“ヘクセ”揺月と再会する。しかし彼女はある病により、昔とはまるで別人で…?「高く飛べない」少年と「空でしか生きられない」少女の邂逅が、世界の色を変えていく。第21回スニーカー大賞“優秀賞”受賞作。

 

第2巻:

いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)
発売日:2016/12/28

あらすじ(Amazonより):


『カリム、好きだよ。大好き――』


〈青空のヘクセ〉として街を救い、急速に距離を縮めるカリムと揺月。ふたりを見つめるレイシャの心は揺れ、この恋を諦めようと決意する。 「告白なんて、出来るわけないよね」――しかし人々を突然の眠りに誘う謎の精霊〈宿無し〉対策のため、レイシャはカリムとデートすることになり、さらには揺月の代役で〈ヘクセ〉として二人で飛ぶことに……? 少年少女の三角関係が描く、波乱の空模様。

 

くろ: 空をテーマにした物語で、少年少女というモチーフの物語ってなんかロマンがありますよね。装丁の絵からは男の子向けの作品だとおもうのですが胸がこうキュンキュンしながら、時にハラハラドキドキしながら読めそうな作品だと思います。

posted by くろ 投票 3 0


, , , , タグ:

コメント

コメントの投稿


 

『飛空士』の関連記事

  • ||| 白翼のポラリス (ラノベ/小説・紹介・感想)

    表紙を見ると「とある飛行士シリーズ」を想像してしまう人もいるかもしれませんが、本作の登場人物はもう少し年齢が下。まだ心が成熟しきれていないどこか日常に閉塞感をもっていた飛行機乗りの少年と、天真爛漫なステラという少女。やっぱり「とある飛行士シ...

     

  • ||| とある飛空士シリーズ(ラノベ/小説・紹介・感想)

    機動戦士ガンダムとか銀河英雄伝説とか伝説級の物語がありますが、このシリーズは、それに肩をならべるかなぁ・・といってもいい感じの空を舞台にした騎士道的なボーイミーツ・ガール要素が必ず入ってくる王道ファンタジーSF作品だと思います。 ちょうと技...

     

  • ||| やがて恋するヴィヴィ・レイン(ラノベ/小説・紹介・感想)

    とある飛空士シリーズの著者の最新作。例のごとく、ボーイ・ミーツガール要素がメインとなっているのですが、このお話のヒロインの少女は稼働限界のある人造人間という設定です。スラム街の少年がそんな少女の願望をかなえるべく旅に出るところから物語ははじ...

     

  • ||| いつかの空、君との魔法(ラノベ/小説・紹介・感想)

    箱庭世界という設定がありますが、このも語りは空から下が箱庭世界という感じ。その昔地球でも海の果ては途切れていて、奈落の底におちる多岐になっているという世界観もありますが、この物語の世界は近代化された都市アステルというのが舞台。近代都市とファ...

     

戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系