トップ > カテゴリ > ラノベ・原作 > ライトノベル【特集・おススメ】

ラノベアニメ無料ゲームガジェットコラム

【初心者向け】『(泣ける・切ない)恋愛小説』-携帯(ケータイ)小説からライトノベルまで-選び方&王道パターンとお薦め43作品

恋愛小説で泣ける・感動する小説というと純愛ストーリーそして「10代の切ない恋」というのが王道中の王道と言えるでしょう。携帯(ケータイ)小説からライトノベルまでいろいろな小説が出ています。

多くは、恋愛感情を抱き始めた男女の「交差する思い」や「思わぬ障害」といったモチーフを採用しながら、結末がどうなるの!?と一度読み始めると最後が気になってしょうがなくなる!という形のものが多いですね。

叶わぬ恋であったり、限られた間だけの実らぬ恋であったりというプロットが「切なさ」を生み、結末に感動を感じることができるのでしょう。ここでは、キュンキュンする物語や切なくて感動する物語を読んで、ある種のカタルシス(快感)が得られるような作品の選び方の極意とおススメ43作品を紹介します。

 

 

【特集】オススメ小説・ライトノベル

『(泣ける・感動する)純愛-ライトノベル』純愛ライトノベルの王道パターンと展開・選び方のポイント

切なさや感動を誘発するエッセンスとパターンとは!?

その1)叶わない恋をテーマにしている。

失恋したり、生きる目的やモチベーションを失った少年や少女が、不思議な人物と偶然出会い、心を通わせていく・・・、でも、その人物は本来存在しない人物だったり、何らかの理由で期限があったり、ハンデや事情があったりするパターンもの。

「恋は障壁が高い程高鳴るもの」と良く言いますが、まさにこの壁のモチーフが何かによって、物語に独特な世界観とストーリー性が出てくる部分なのだと言えると思います。

そんな条件下で、少年少女の心が成長していくプロセスは、読み手にとってある種の感動と涙無くしては語れれない快感というものを与えてくれるハズ。

その2)恋を邪魔する障壁や制限、条件がある

叶いそうにない、もしくは叶わない事が薄々分かっているような「恋心や恋愛模様、人間関係」をテーマにした作品の中で、様々な障害や制限の中、登場人物達が出会い、心を通わせていくプロセスが物語になっているもの。

人は一人で生きれないものですよすね。集団を形成して社会で人間関係というものが付きまといながら生きてゆく宿命を負っているとも言えるでしょう。そんな中で様々な制限や環境、条件や障壁というのは良くあるのではないでしょうか?自分に絶対の自信を持っている人っと案外少ないと思ういますが、恋愛というのはまず始めるためには普段表にでることのない相手の気持ちを確かめながら自分の気持ちを伝えるという人間関係としては非常に敷居の高いレベルにまでもっていかなければならない訳ですね。そんなレベルまでもっていく際にこうした様々な制限や条件が邪魔をされると苛立ちと共に切なさが溜まってくるのだと思います。

だからこそ、恋が成就した暁には感動するのでしょうし、実らない恋であってもある種の感動を与えてくれると言えそうですね。

【泣ける・切ない作品】の選び方のポイント!

実らない恋、恋に壁となってはだかる障壁があるというのが感動や切なさのエッセンスにあると言える!

今はもうこの世にいない彼氏、彼女の残した思いが日記や手紙になって今を生きる登場人物の心へ作用する物語だとか、そういった何かしらの「制限」や「障壁」が紹介されているものであれば間違いなく感動モノである確率は高くなると思います。

そんなプロットの恋愛や人間関係をテーマにした作品というには、「泣ける・切ない」を演出する物語の王道パターンのポイントだと言えますね。

ということで、そんな視点で選んだ、恋愛をテーマにした「泣ける・感動する」ライトノベル作品を紹介します。

 

『(泣ける・感動する)純愛-ライトノベル』オススメ43作品

いつか、眠りにつく日あの夏を生きた君へ八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。拝啓、十年後の君へ。昨日の君は僕だけの君だった青い月もう一度彼女に恋をする幸せの青い贈り物二度目の夏、二度と会えない君その10文字を、僕は忘れない君の膵臓をたべたい君は月夜に光り輝く三日間の幸福そして君のいない九月がくる初恋ロスタイム夏の終わりとリセット彼女いたいのいたいの、とんでゆけ僕が学園七不思議になったわけさよならピアノソナタこの恋と、その未来。君が香り、君が聴こえる七日間の幽霊、八日目の彼女瞳のさがしもの天使は奇跡を希う今日、となりには君がいないあの夏、最後に見た打上花火は昨日は彼女も恋してた・明日も彼女は恋をするスターティング・オーバー君の色に耳をすまして君が電話をかけていた場所・僕が電話をかけていた場所陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女~親友の彼女を好きになった罪と罰ヒカルが地球にいたころリンドウにさよならを死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った夢の終わりで、君に会いたい。僕は何度でも、きみに初めての恋をする君は月夜に光り輝く近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係そして君は、風になる。さよならさえ、嘘だというのならきみと、もう一度あの日のきみを今も憶えている恋する寄生虫

 

いつか、眠りにつく日

突然この世を去る事になったヒロイン。思いを寄せる人と両想いとうのが分かったのに!・・

著者:いぬじゅん (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2016/4/28

いつか、眠りにつく日 (スターツ出版文庫)


高2の女の子・蛍は修学旅行の途 中、交通事故に遭い、命を落としてしまう。そして、案内人・クロが現れ、この世に残した未練を3つ解消しなければ、成仏できないと蛍に告げる。蛍は、未練のひとつが5年間片想いしている蓮に告白することだと気づいていた。だが、蓮を前にしてどうしても想いを伝えられない…。蛍の決心の先にあった秘密とは?予想外のラストに、温かい涙が流れる―。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

あの夏を生きた君へ

60年前の戦争で死んだ長馴染みが時を超えていじめでボロボロになった孫の心を救う

著者:水野ユーリ (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2016/5/28

あの夏を生きた君へ (スターツ出版文庫)


学校でのイジメに耐えきれず、不登校になってしまった中2の千鶴。生きることすべてに嫌気が差し「死にたい」と思い詰める日々。彼女が唯一心を許していたのが祖母の存在だったが、ある夏の日、その祖母が危篤に陥ってしまいショックを受ける。そんな千鶴の前に、ユキオという不思議な少年が現れる。彼の目的は何なのか―。時を超えた切ない約束、深い縁で繋がれた命と涙の物語。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。

不治の病の少女死ぬまでやっていた交換日記が奇跡を起こす!?

著者:天沢 夏月 (著)
イラスト:メディアワークス文庫
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2017/1/25

八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。<八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。> (メディアワークス文庫)


それは、たった40日の恋だった――。 恋人の過去と繋がる一冊の交換日記。本当に好きだった。こんなにも人を好きになることは、この先一生ないだろうとさえ思った。言葉や仕草の一つ一つ、ちょっとした表情の変化、笑い声、髪から香る石鹸のにおい…思い出すと息が苦しくなる。まるで肺の中に、炭酸でも入っているみたいに。―透子。高校二年の夏。心臓の病が原因でなくなった彼女のことを、未だ引きずっていた成吾。あれから四年。交換日記の空白に綴られていく新しい返事。それは見間違えようもなく、透子の文字だった。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

拝啓、十年後の君へ。/h2>

「タイムカプセル」によって繋がる迷える高校生6人の青春物語。

天沢夏月 (著)
イラスト: 
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2016/2/17

拝啓、十年後の君へ。 (メディアワークス文庫)


十年前に埋めたタイムカプセル。忘れていたのは、離ればなれになるなんて想像もしていなかった時に交わした将来の約束。そして一つの後悔。今更思い出しても取り戻しのつかない、幼い頃の恋心。 嫌いじゃないけどドキドキしない、そんな曖昧な恋愛関係に悩む千尋。部活から逃げ出した元サッカー少年の冬弥。定時制高校に通う不良少年の優。慣れないギャル生活で息苦しい美夏。家から出たくない引きこもりの時子。そして小学校の頃に喧嘩別れした少女を、今も想い続けている耀。 十年前に記した「今の自分」への手紙が、彼らの運命を少しずつ変えていく。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

昨日の君は僕だけの君だった

恋愛の形はこういう形もあるとうこと・・・でしょうか・・・

著者:藤石 波矢 (著)
イラスト:loundraw (イラスト)
出版社:幻冬舎文庫
発売日:2015/11/12

拝啓、十年後の君へ。 (メディアワークス文庫)


大学生の平沼泰貴は、同級生の樫井佐奈に一目惚れ。まともに話したこともないのに告白すると、呆気なくOK!だが、その直後に二人の“彼氏”を紹介される。「三人で私をシェアして」。そして契約書にサイン―!?恋に落ちてしまった僕には、誰の本心も見えない。この異常な関係が苦しいのは僕だけ?四人の恋の結末は、痛みと驚きに満ちて…。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

青い月もう一度彼女に恋をする

京都嵐山を舞台にした10代青春の不思議でキュンキュンくるラブストリー

著者:広瀬 未衣 (著)
イラスト:
出版社:双葉社
発売日:2016/9/15

青い月の夜、もう一度彼女に恋をする (双葉文庫)


ひとつきに二度、満月がくる"ブルームーン"の8月、17歳の僕は法事で京都の嵐山にある祖母に家に行った。 最初の満月の夜、僕は傘で泉の水をすくっている少女と出会う。 「ブルームーンが終わるまでここにいる」という彼女に惹かれていく僕。 同じ年なのに不思議な雰囲気の彼女には、大きな秘密があった―― 「僕はずっと君を、未来で待っている」運命の糸で結ばれた2人を描く、時空を超えたラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

幸せの青い贈りもの

想いのこもった贈り物というのは時代(とき)を超えた何かを感じるものがある

著者:成田 名璃子 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2016/10/25

幸せの青い贈りもの (メディアワークス文庫)


作り手の想いがこもった一点物。時代を越えて綴られた想いの物語――。 ──この箱からは、人生を変える何かが出てきます。 海沿いの街で将来の進路を悩む真由。海は広がっていてどこにでも繋がっているのに、 自分は一生この街から出られないのか……。 そんな想いを抱える中、見つけたのは不思議な文字が書かれていた箱。 そこから出てきたのは、ガラス作家が作った、海が閉じ込められたペンダントだった。 手作りの一点ものには作り手の想いが込められる。 学生運動時代に手にした青い薔薇のハンカチーフ、太平洋戦争開戦直前、恋い焦がれた女性への最後の贈りもの……。 これは、時代を越えて綴られる、繋がる想いを辿っていく物語。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

二度目の夏、二度と会えない君

不治の病を患う彼女に伝えた「恋心」。死に行く彼女に苦しみを与えただけだった後悔を抱いだいた少年がもう一度同じ夏を過ごすチャンスが到来する・・。

著者:赤城 大空 (著)
イラスト:ぶーた (イラスト)
出版社:ガガガ文庫
発売日:2015/1/20

二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)


この夏、俺は、君を二度失った。 きっと、「好き」という言葉は罪だった。 森山燐(もりやま・りん)は生まれつき不治の病を患っていた。 俺は、それを隠して高校生活を送っていた彼女を好きになってしまっていた。高校最後の文化祭で、一緒にライブをやり、最高の時間を共に過ごし――そして、燐は死んだ。 死に際の彼女に、好きだ、と――決して伝えてはいけなかった言葉を、俺は放ってしまった。 取り乱す彼女に追いだされて病室を後にした俺には、一言「ごめんなさい」と書かれた紙切れが届けられただけだった。 あんな気持ち、伝えなければよかった。 俺みたいな奴が、燐と関わらなければよかった。 そして俺は、タイムリープを体験する。 はじめて燐と出会った河原で、もう一度燐と出会ってしまった。 ずっと、会いたいと思っていた燐に、あの眩しい笑顔に再び……。 だから、今度こそ間違えない。 絶対にこの気持ちを伝えてはいけないから。 最後の最後まで、俺は自分の気持ちを押し殺と決めた。 彼女の短い一生が、ずっと笑顔でありますように アニメ化企画進行中の『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』原作者:赤城大空が贈る健全青春ラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

その10文字を、僕は忘れない

「1日10文字だけしか肉声が出せない」声が出ない少女と少年の切ない恋愛物語

著者:持崎 湯葉 (著)
イラスト:はねこと (イラスト)
出版社:ダッシュエックス文庫
発売日:#

その10文字を、僕は忘れない (ダッシュエックス文庫)


ある日学校をサボった俺は、雨よけに寄った公園で、びしょぬれの女の子に会った。名前は宮崎菫。彼女は、話すことができない。声が出ないのだ。言葉をしゃべれずスケッチブックで会話をする彼女は、クラスでも浮いている存在だった。気まずい雰囲気の中、かかげられたスケッチブックに躍る文字。「春は好きですか?」不器用でも一生懸命にコミュニケーションを取ろうとしてくれる菫に、俺はやがて惹かれていった。菫はまったく話すことができないわけではなかった。 彼女は"一日に10文字しかしゃべれない"のだ。「ありがとう」も、「ごめんさい」も、「嬉しい」も、「大好き」も。大切なことは10文字でみんな伝えられるって、そう思ってた。 図書館で勉強を教えてくれた時、横顔が気になって勉強どころじゃなかった。プールで見た水着が可愛すぎて、息が止まるかと思った。初めてケンカをして、初めて仲直りのキスをした―。「ありがとう」も、「ごめんなさい」も、「嬉しい」も、「大好き」も。大切なことは10文字でみんな伝えられるって、そう思ってた。 でも、菫に課せられた症状には、あまりにも優しくて悲しい過去が秘められていたんだ――。俺はわかっていなかったんだ―。 声を失った少女と、無気力な少年が贈る、10代の煌めく青春ラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君の膵臓をたべたい

こう表現するだけの人を想う気持ちって・・

著者:住野 よる (著)
イラスト:
出版社:双葉社
発売日:2015/6/17

君の膵臓をたべたい


偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。 そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。 病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。 【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。 全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君は月夜に光り輝く

死期の迫った少女とその限られた時間を少女に寄り添う少年のラブストーリー

著者:佐野 徹夜 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2017/2/25

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)


大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。 余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。 「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。 刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

三日間の幸福(

拝金主義な現代社会へのアンチテーゼ?金銭に換算した寿命の価値と特別な人と過ごす3日間の価値についての物語

著者:三秋縋
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2013/12/25

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)


どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半 を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女 の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。ウェブで大人気のエピソードがついに文庫化。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

そして、君のいない九月がくる

明日は何か起こるか分からないから精一杯いきるべしみたいなそういう切ない青春なお話

著者:天沢夏月
イラスト:白身魚先生(堀口 悠紀子)
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2015/10/24

そして、君のいない九月がくる (メディアワークス文庫)


:友達の死から始まった苦い夏休み。僕らは、幽霊に導かれて旅に出た。その夏、恵太が死んだ。幼いころからずっと恵太と一緒に育った美穂と、仲良しグループだった大輝、舜、莉乃たちは、ショックから立ち直れないまま呆然とした夏休みを送っていた。 そんなある日、美穂たちの前に現れたのは、死んだ恵太に瓜二つの少年、ケイ。 「君たちに頼みがある。僕が死んだ場所まで来てほしい」戸惑いながらも、美穂たちは恵太の足跡を辿る旅に出る。旅の中でそれぞれが吐き出す恵太への秘めた想い。嘘。嫉妬。後悔。恋心。そして旅の終わりに待つ、意外な結末とは――。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

初恋ロスタイム

1日に1時間だけ多く時間が貰える「ロスタイム」をきっかけに少年と異色が必要な病を患う少女が心を通わせ逢う・・・その結末は・・/h5>

著者:水生 大海
イラスト:烏羽 雨
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2016/1/23

初恋ロスタイム (メディアワークス文庫)


僕の青春は人より少しだけ長い。 「時間」が止まる世界で彼女に出会ったから。 僕の「青春」は、人よりも少しだけ長いらしい。ある日、僕以外の時間が止まったのだ。 それは平凡な高校生活を送る相葉孝司に唐突に訪れた特別すぎる青春だった――。 午後1時35分、毎日決まった時刻に訪れる1日1時間だけの奇妙なロスタイム。そんな中で、僕は僕と同じ景色を見る彼女に恋をした。 琥珀色の瞳で、まるで停止世界が当たり前だと言わんばかりの不思議な魅力を持つ少女・篠宮時音。彼女には"僕だけ"が気付けない、とても大きな秘密があるようで……。 不思議なロスタイムが少年と少女を結ぶ、ほんのり甘く切ない恋愛ストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

夏の終わりとリセット彼女

不釣り合いの完璧美少女と引っ込み思案の少年。突然少女が事故で記憶をなくしマイナスからはじまるボーイミーツガールな物語

著者:境田吉孝
イラスト:植田 亮
出版社:ガガガ文庫
発売日:2014/5/20

#


夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。 桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にして、クラスの誰もが認める超美人。そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある――。そんな桜間さんが、記憶喪失。 ゴシップに飢えた高校生たちにとっては、格好のエサだ。安いメロドラマを求めて僕にまで群がってくるやつらに愛想笑いを返しながら、僕はお見舞いにも行かなかった。行けなかった。好奇の目から逃げるように桜間さんを避けまくっていた僕は、2学期早々、彼女と気まずい再会を果たす。彼女は僕のことも完全に忘れていたわけだけど――「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」――うん、まあ、全力で嫌われました。僕としてはそれでよかったのだけど、何故かとんでもなくお節介な先生のはからいで、僕は風紀委員である彼女の補佐を拝命することになってしまう。数少ない友だちの水井や、桜間さんの友人・宮井さんにも後押しされながら、僕らはもう一度、一から関係を築いていこうとするが――。小学館ライトノベル大賞にて優秀賞を受賞、ゼロどころかマイナスからはじまる等身大青春グラフィティ!


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

いたいのいたいの、とんでゆけ

自分で殺した女の子に恋をしてしまた青年が、少女の復讐の為に人を殺して行く・・その結末は!?

著者:三秋縋
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2014/11/21

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)


自分で殺した女の子に恋をするなんて、どうかしている。 「私、死んじゃいました。どうしてくれるんですか?」 何もかもに見捨てられて一人きりになった二十二歳の秋、僕は殺人犯になってしまった――はずだった。 僕に殺された少女は、死の瞬間を""先送り""することによって十日間の猶予を得た。 彼女はその貴重な十日間を、自分の人生を台無しにした連中への復讐に捧げる決意をする。 「当然あなたにも手伝ってもらいますよ、人殺しさん」 復讐を重ねていく中で、僕たちは知らず知らずのうちに、二人の出会いの裏に隠された真実に近付いていく。 それは哀しくも温かい日々の記憶。そしてあの日の「さよなら」。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

僕が七不思議になったわけ

学校に住む妖精が残してくれた奇跡の結末に思わず涙が出てしまうこと間違いなしの作品

著者:小川晴央
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:発売日:2014/2/25

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)


石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

さよならピアノソナタ

天才ピアニスト少女とロックバンドを通したボーイミーツ・ガール青春ラブストーリー

著者:杉井 光
イラスト:植田 亮
出版社:電撃文庫
発売日:2007/11/1

さよならピアノソナタ 文庫 全5巻 完結 (電撃文庫)


「六月になったら、わたしは消えるから」転校生にしてピアノの天才・真冬は言い放った。彼女は人を寄せつけずピアノも弾かず、空き教室にこもってエレキギターの超速弾きばかりするようになる。そんな真冬に憤慨する男子が一人。大音量でCDを聴くためにその教室を無断使用していたナオは、ベースで真冬を“ぶっとばす”ことにより、占拠された教室の奪還をめざす。民俗音楽研究部なる部活の創設を目論む自称革命家の先輩・神楽坂響子とナオの幼なじみ・千晶も絡みつつ、ナオと真冬の関係は接近していくが、真冬には隠された秘密があって―。恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

その恋とその未来。

心と体が異なる少女と少年の10代の恋愛物語(女性しか恋愛対象に見れないヒロインという特殊な関係の恋の行方が切なすぎる)

著者:森橋 ビンゴ
イラスト:Nardack
出版社:ファミ通文庫
発売日:2014/6/30

この恋と、その未来。1 -一年目 春-<この恋と、その未来。> (ファミ通文庫)


『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー登場。 超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。 その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。 知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、 ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!? 四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。 『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー。 "


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君が香り、君が聴こえる

視力を回復した青年が恋をした彼女を見つけ出すことができるのか!?切ないキュンキュンするロマンチックなラブストーリー

著者: 小田 菜摘 (著)
イラスト:
出版社:集英社オレンジ文庫
発売日:2016/5/20

君が香り、君が聴こえる (集英社オレンジ文庫)


事故で両目の視力を失った蒼。角膜移植さえすれば、見えるようになる―そう思うと、むしろ何事もやる気になれない。二年が経ち、高校もやめ、漠然とした不安のなかにいる蒼に声をかけてきたのは、友希という女子大生だった。ふたりは惹かれあい、恋人になる。直後、蒼は移植手術を受けることに。だがそれは友希との別れを意味していた…。せつなく香る、恋の物語。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

七日間の幽霊、八日目の彼女

7日間しか記憶を持てない少年とその少年に恋をした少女の切なすぎるラブストーリー

著者:五十嵐雄策 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2016/8/25

七日間の幽霊、八日目の彼女 (メディアワークス文庫)


あの夏、ぼくの前に突然"彼女"がやってきた――。 ちょっとした不注意で事故に遭い、入院することになったぼくの前に現れた女の子は、ぼくの"彼女"だと自己紹介してくれた。でもぼくには彼女はいなかったはずで――。これは、夏を繰り返す彼女とぼくの恋の物語。 ――ぼくは、彼女が誰なのかわからない。  ちょっとした不注意で事故に遭い、入院することになったぼく。退院の日、目の前に現れた女の子は、ぼくの“彼女”だと自己紹介してくれた。でも、ぼくの記憶では自分には彼女はいなかったはずなのに。 ――彼は、わたしが誰なのかわからない。  今回の夏も、わたしは彼の前にやってきた。二人で過ごした日々、一緒に見上げた星空を取り戻すために。同じ七日間を過ごす彼を連れて、八日目の世界を教えるために。  これは、夏を繰り返す、彼女とぼくの不思議な恋の物語。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

瞳のさがしもの

こんな(;´∀`)…痛い失恋と痛い出会いからはじまるラブストーリー

著者:入間人間 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2013/9/25

瞳のさがしもの (メディアワークス文庫)


「あ?」僕の乗っているバスが、交通事故に巻き込まれた。隕石が落ちてきたような、とても大きい音がした。それと同時に、僕の隣に偶然座っていた、とてもかわいい女の子と、激しくぶつかりあう。事故に遭ったことを瞬時に理解できず、僕の頭の中は真っ白になっていた。唯一記憶しているのは、その衝撃によって、自分の『右目』を失ってしまったこと。そして、隣に座っていたかわいい女の子と、ファーストキスを交わしたこと―。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

天使は奇跡を希う "こいねがう”

「あの花」を彷彿とされるような設定のお話にキュンキュンしてしまうかも

著者:七月隆文 (著)
イラスト:田中将賀 (イラスト)
出版社:文春文庫
発売日:2016/11/10

天使は奇跡を希う (文春文庫)


ミリオンセラー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の著者が贈る、奇跡の恋物語 瀬戸内海にほど近い町、今治の高校に通う良史(よしふみ)のクラスに、ある日、本物の天使が転校してきた。 正体を知った良史は彼女、優花(ゆうか)が再び天国に帰れるよう協力することに。 幼なじみの成美と健吾も加わり、四人は絆を深めていく……。 カバーイラストは、大ヒットアニメ映画『君の名は。』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』でおなじみの超人気アニメーター田中将賀さん。 これは恋と奇跡と、天使の嘘の物語。 「私を天国に帰して」 彼女の嘘を知ったとき、真実の物語が始まる。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

今日、となりには君がいない。

突然消えた初恋相手の少女とはまるで別人の少女が現れるその真相は?一人の少年の一途なラブコメ風だけど切ないラブストーリー

著者:清水 苺
イラスト:えいひ
出版社:講談社ラノベ文庫
発売日:2015/1/30

今日、となりには君がいない。 (講談社ラノベ文庫)


朝霧凛。他人とふれあうことを拒んで、壁を作って、誰も寄せ付けなくて――けれど、心の底では確かにぬくもりを求めていた、美しい黒髪の少女。そんな彼女に僕が一目惚れをしたときから、この物語は始まった。だけど、彼女が初めて僕に笑いかけてくれた日――僕は全てを失った。まばゆい笑顔だけを残して、彼女は僕の前からその姿を消してしまったのだ。そして同時に、凛に関する記憶だけが、ぽっかりと穴が開いたように、周囲の人々の中から消えてしまう。――それから二年。忘れられた少女の記憶を胸に高二になった僕の前に、ひとりの転校生がやってくる。彼女は自らのことを、朝霧凜だと語り……!? 新人賞〈佳作〉受賞の鮮烈な青春ストーリー!


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は

夏の匂い漂う思春期の甘酸っぱい恋心に懐かしいさを受けながら仄々(ほのぼの)と読めるちょっとSFちっくで不思議で切ない青春グラフティ

著者:助供 珠樹
イラスト:春夏冬ゆう
出版社:ガガガ文庫
発売日:2015/5/19

あの夏、最後に見た打ち上げ花火は (ガガガ文庫)


彼女と出会った、忘れたくないあの夏の日 何もないのどかな田舎町・松乃に暮らす中学2年生の眞田寛樹は、幼なじみの三島桐子・親友の阿久津恒正らと、毎年変わることのない夏休みを過ごしていた。そんなある日、徹夜をしてしまった寛樹は熱中症で倒れてしまい、助けてくれた謎の美少女・伊藤ノアに恋心を抱くようになる。日本語をうまく理解することのできないノアのために寛樹は妹のなずなと一緒になって、自分たちが暮らす町を案内したりしながら、徐々に距離を縮めていく。そんな時、寛樹はノアに過去の記憶がなく、深海生物に似た奇妙な生き物と共に自身がよく通っている駄菓子屋・伊藤商店の庭に倒れていたところを発見されたという事実を知る。さらに謎の生物がしゃべる名前が、先日まで自分が読書感想文を書くために読んでいた小説の作者の本名だということがわかり、ますます混乱していく。ノアが記憶をなくしたまま不安な毎日を過ごしていると感じた寛樹は、彼女の記憶を取り戻すべく、さまざまな場所に彼女を連れて行ったり、小説内に書かれたことを調べたりしていくのだが・・・・・・。第9回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作品。中学生の男女が繰り広げる甘くせつないひと夏の青春グラフィティが登場。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

昨日は彼女も恋してた・明日も彼女は恋をする

「やり直す」為にタイムリープし過去改変。しかしそこには時間のパラドックスが存在し惹き合う2人を引き離す未来が・・惹き合う二人と時間を巡るハラハラドキドキしつつも切なさありのSFラブストーリー

著者:入間人間
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2011/11/2

昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)


『過去の改変』 から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。歩いている。わたしが、進んでいる。自分の足で。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。この世界の 『現在』 では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。まるで別の星へ飛んできてしまったようだった。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。 『昨日は彼女も恋してた』 と上下巻構成。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

スターティング・オーヴァー

理想とは全く違う二度目の人生。でも実は惹かれ合う相手はこんなところにちゃんと居たという切ないラブストーリー

著者:三秋縋
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2013/9/25

スターティング・オーヴァー (メディアワークス文庫)


二周目の人生は、十歳のクリスマスから始まった。全てをやり直す機会を与えられた僕だったけど、いくら考えても、やり直したいことなんて、何一つなかった。僕の望みは、「一周目の人生を、そっくりそのまま再現すること」だったんだ。しかし、どんなに正確を期したつもりでも、物事は徐々にずれていく。幸せ過ぎた一周目のツケを払わされるかのように、僕は急速に落ちぶれていく。―そして十八歳の春、僕は「代役」と出会う。変わり果てた二周目の僕の代わりに、一周目の僕を忠実に再現している「代役」と。ウェブで話題の新人作家、ついにデビュー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君の色に耳をすまして

透明なハズの彼女は実は嘘をついていた・・そんな彼女の本当の願いは・・切なくキュンキュンする展開と最後に判明する真相・・

著者:小川晴央
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2015/8/25

君の色に耳をすまして (メディアワークス文庫)


芸大に通う杉野誠一は"声の色"で見たくもない人の感情や嘘が見えてしまうことに悩まされていた。そんな彼がキャンパスで出会ったのは声を失った透明な女の子。 『川澄真冬』と書かれたメモ帳で自己紹介をした彼女は、誠一の映像制作を手伝いたいと申し出た。不審がる誠一の前に、古ぼけたカセットが置かれる。そして、彼女は手伝う条件として、テープに録音された姉の歌を映像に入れて欲しいという。 声の色を気にせず話せる彼女に惹かれ、生まれて初めて心の色を知りたいと願う誠一。だけど、彼女の透明な色には秘密があって――。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君が電話をかけていた場所・僕が電話をかけていた場所

10代のすれ違う恋心と人魚姫のファンタジーな試練トリックの展開がハラハラドキドキする切ないラブストーリー

著者:三秋縋
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2015/8/25

君が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)


中学生四人の登場人物による複雑な四角関係の恋の行方が展開される切なくてハラハラドキドキする物語です。この作品の面白いところは単なる思春期の男女の恋の話が描かれているだけでないところ顔に大きな痣の主人公の少年がちいさ頃助けたとされる人魚がその主人公に惹かれ、彼に賭けを持ちかけるというレトリックが4人の人間関係を複雑で謎に満ちたモノにして行きます。 まさに恋は謎と神秘に見ているというのが物語でうまく表現されている感じでしょうか。 賭けに載った主人公は、思いを寄せる唯という少女に告白出来ずにいます。なぜならば顔の痣がコンプレックスになっていたから。 賭けを受けた主人公の痣は翌日消えますが、再開した唯の顔には主人公の顔にあった痣が代わりにある始末。痣の事があるからどうかは不明ですが主人公のことを拒絶する唯。でもなんとか彼女と中を取り繕おうとする主人。彼は賭けに負けると人魚姫伝説のように死ぬことになっていたからです。 主人公陽介の親友の檜原、席がとなりの千草、ともに唯を誘って天体観測をするのですが、実は彼女は友達である檜原の事を意識しているらしい・・・と見事な四角関係とう展開です。 思い思われという心がデリケートに化学反応するような人間関係が・・ちょっと甘酸っぱくて切ない青春を感じることができるハズ。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女~

病弱少女と絵の才能のある苦労人新聞配達少年の避暑地で出会う:切ないキュンキュンする青春ラブストーリー

著者:野村美月 (著)
イラスト:竹岡美穂 (イラスト)
出版社:ファミ通文庫
発売日:2014/8/29

陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女 (ファミ通文庫)


両親の離婚話に立ちすくむ千星。明るく笑ってみせることで、壊れそうな家の空気を辛うじて保ってきた。けれど本当は、三人で一緒にいたいと、素直に泣ければよかったのだろうか…。新聞配達のアルバイトを続ける陸。母は家を空けたまま帰らず、生活のために必要だった。ただ絵を描いていたい、そんな願いも叶わない。それを恨んでも憎んでもいないけれど、今まで自分は笑ったことなどあったのだろうか―。そんな二人が、出会う。切なく繊細な一夏の物語。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。((ラノベ/小説・紹介・感想))

友情と恋愛どっち?という三角関係。1人のヒロインを巡る2人の男心を描いたどちらかというと女の子向けな切ないキュンキュンモノ

著者:野村美月 (著)
イラスト:河下水希 (著)
出版社:ダッシュエックス文庫
発売日:2014/11/21

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)


「弘凪!オレ、彼女ができた」親友の相羽遙平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学生二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするが―。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

ヒカルが地球にいたころ

死んだ王子様の軌跡を不良少年が辿るボーイ・ミーツ・ガール系の物語

著者:野村 美月
イラスト:竹岡 美穂
出版社:ファミ通文庫
発売日:#

ヒカルが地球にいたころ…… 文庫 1-10巻 (ファミ通文庫)


心残りがあるんだ」恋多き学園の“皇子”ヒカル―その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。このまま幽霊につきまとわれ続けるなんて冗談じゃない!と渋々“心残り”を晴らす協力をすることにした是光だが、対象の左乙女葵―“葵の上”と呼ばれる少女は、頑なに話も聞こうとせず、生徒会長の斎賀朝衣にも不審がられ、敵視されるハメに。そんな時、ヒカルの死にまつわるある噂が聞こえてきて―!?野村美月が贈る、ミステリアス現代学園ロマンス、堂々開幕。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

リンドウにさよならを

いじめ・自殺・意識しない未練が地縛霊としての主人公を生んだ!?ちょっと悲しいラブストリーに感動しそうな作品。

著者:三田 千恵 (著)
イラスト:DANGMILL (イラスト)
出版社:ファミ通文庫
発売日:

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)


必然の出会いが紡ぐ、学園青春ストーリー。 想いを寄せていた少女、襟仁遥人の代わりに死んでしまったらしい神田幸久。二年後、自由かつ退屈な日々を過ごす地縛霊として目覚めた彼は、クラスでいじめに遭う穂積美咲にだけ存在を気づかれ、友達になることに。一緒に過ごす内に美咲の愛らしさを知った幸久は、イメチェンを勧め彼女を孤独から解放しようと試みる。少しずつ変わり始める美咲の境遇。それはやがて、幸久が学校に留まる真実に結びついていく――。 必然の出会いが紡ぐ、学園青春ストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った

SF設定で、十代の苦しくて・切なすぎて泣けるラブコメ

著者:斧名田マニマニ (著)
イラスト:竹岡美穂 (著)
出版社:ダッシュエックス文庫
発売日:2016/4/22

死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った (ダッシュエックス文庫DIGITAL)


初恋相手の寿命は夏の三カ月。 俺の初恋相手、支倉由依(はせくらゆい)は毎年夏の三カ月間だけ、生まれて死んでを繰り返す。 ――六月。夏祭り実行委員活動に追われる日々。仲間たちの声。 ――七月。由依の生意気で頼りない瞳と、初めての恋。 ――八月。雨の味のキス。夜空を彩ったあの打ち上げ花火。 すべての日々がかけがえなくて、甘く切ない思い出に満ちていた。 そして最後に、心をえぐられるような別れの瞬間が訪れる。 それでも俺はこの想いを決して手放さない。 「死んでも死んでも死んでも死んでも好きになる」と、彼女が言ってくれたから――……。 一瞬の命を恋で燃やす、今世紀もっとも泣けるラブコメディ。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

夢の終わりで、君に会いたい。

予知夢を参考に少女が生きる日常の物語はどう進むか伏線をワクワクしながら読めそうな作品

著者:いぬじゅん (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2016/10/28

夢の終わりで、君に会いたい。 (スターツ出版文庫)


高校生の鳴海は、離婚寸前の両親を見るのがつらく、眠って夢を見ることで現実逃避していた。ある日、ジャングルジムから落ちてしまったことをきっかけに、鳴海は正夢を見るようになる。夢で見た通り、転校生の雅紀と出会うが、彼もまた、孤独を抱えていた。徐々に雅紀に惹かれていく鳴海は、雅紀の力になりたいと、正夢で見たことをヒントに、雅紀を救おうとする。しかし、鳴海の夢には悲しい秘密があった―。ラスト、ふたりの間に起こる奇跡に、涙が溢れる。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

僕は何度でも、きみに初めての恋をする

ファインダー越しに移るモノは永遠に残るけれど・・・カメラを手するの彼の記憶は1日しか保持できない切ないラブストーリー

著者:沖田 円 (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2015/12/28

僕は何度でも、きみに初めての恋をする。 (スターツ出版文庫)


両親の不仲に悩む高1女子のセイは、ある日、カメラを構えた少年ハナに写真を撮られる。優しく不思議な雰囲気のハナに惹かれ、以来セイは毎日のように会いに行くが、実は彼の記憶が1日しかもたないことを知る―。それぞれが抱える痛みや苦しみを分かち合っていくふたり。しかし、逃れられない過酷な現実が待ち受けていて…。優しさに満ち溢れたストーリーに涙が止まらない!


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

君は月夜に光り輝く

死期の迫った少女とその限られた時間を少女に寄り添う少年の切なくも感動のラブストーリー

著者:佐野 徹夜 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2017/2/25

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)


大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。 余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。 「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。 刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係

馴染みと同居人少女へ恋心を持つ少年との三角関係が切ない・・

著者:久遠 侑 (著)
イラスト:和遥キナ (イラスト)
出版社:ファミ通文庫
発売日:2016/4/30

近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係(ファミ通文庫)


多感に揺らめく十七歳を映し出す、恋愛ストーリー登場。 母と二人で暮らす家で、遠い親戚の女子、和泉里奈と同居することになった坂本健一。里奈の控えめな性格や気遣い、女子校育ちの無防備さは、他人との距離に悩む健一に、初めて思春期の性を意識させる。同じ十七歳の女子と一つ屋根の下で生活していることを友人達にも隠そうとしていた健一だが、幼い頃からの腐れ縁、森由梨子に知られてしまい、彼女との距離感にも微かな変化がもたらされることに――。多感に揺らめく十七歳を映し出す、恋愛ストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

そして君は、風になる。

思いを寄せる最愛人が自分を庇って、そのせいで希望の光を失ってしまった時・・

著者:朝霧繭 (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2016/10/28

そして君は、風になる。 (スターツ出版文庫)


君は、あたしの生きる理由だったの。ずっとずっと、昔から――。 「風になる瞬間、俺は生きてるんだって感じる」――高校1年の日向は陸上部のエース。その走る姿は、まさに透明な風だった。マネージャーとして応援する幼なじみの柚は、そんな日向へ密かに淡い恋心を抱き続けていた。しかし日向は、ある大切な約束を果たすために全力で走り切った大会後、突然の事故に遭遇し、柚をかばって意識不明になってしまう。日向にとって走ることは生きること。その希望の光を失ったふたりの運命の先に、号泣必至の奇跡が…。  


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

さよならさえ、嘘だというのなら

残酷で悲しい運命に翻弄される少女と事実を知り彼女を救おうとする少年。2人の切ない運命的なラブストーリー

著者:小田真紗美 (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2016/6/28

さよならさえ、嘘だというのなら (スターツ出版文庫)


颯大の高校に、美しい双子の兄妹が転校してきた。平和な田舎町ですぐに人気者になった兄の海斗と、頑なに心を閉ざした妹の凪子。颯大は偶然凪子の素顔を知り、惹かれていく。間もなく学校のウサギが殺され、さらにクラスの女子が何者かに襲われた。犯人にされそうになる凪子を颯大は必死に守ろうとするが…。悲しい運命に翻弄された、ふたりの切ない恋。その、予想外の結末は…?


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

きみと、もう一度

実らない初恋って何処か引きずってしまう。そんな切ない心情が絵描かれたキュンキュンするラブストーリー

著者:櫻いいよ (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:発売日:2016/8/27

きみと、もう一度 (スターツ出版文庫)


あらすじ(Amazonより): 20歳の大学生・千夏には、付き合って1年半になる恋人・幸登がいるが、最近はすれ違ってばかり。それは千夏がいまだ拭い去れないワダカマリ―中学時代の初恋相手・今坂への想いを告げられなかったせい。そんな折、当時の親友から同窓会の知らせが届く。報われなかった恋に時が止まったままの千夏は再会すべきか苦悶するが、ある日、信じがたい出来事が起こってしまい…。切ない想いが交錯する珠玉のラブストーリー。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

あの日のきみを今も憶えている

大好きな人に触れられないということがどれだけ切ない事かわかる・・。

著者:苑水真茅 (著)
イラスト:
出版社:スターツ出版文庫
発売日:2015/8/27

あの日のきみを今も憶えている (スターツ出版文庫)


高2の陽鶴は、夏休みを前に親友の美月を交通事故で失ってしまう。悲嘆に暮れる陽鶴だったが、なぜか自分にだけは美月の霊が見え、体に憑依させることができると気づく。美月のこの世への心残りをなくすため、恋人の園田と再会させる陽鶴。しかし、自分の体を貸し、彼とデートを重ねる陽鶴には、胸の奥にずっと秘めていたある想いがあった。その想いが溢れたとき、彼女に訪れる切ない運命とは―。眩しいほどのまっすぐな想いに涙がこみあげる。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

恋する寄生虫

紛いものの恋でもいいから恋続けたい・・・そんな切なすぎる物語

著者: 三秋 縋 (著)
イラスト:
出版社:メディアワークス文庫
発売日:2016/10/25

恋する寄生虫 (メディアワークス文庫)


「ねえ、高坂さんは、こんな風に考えたことはない? 自分はこのまま、誰と愛し合うこともなく死んでいくんじゃないか。自分が死んだとき、涙を流してくれる人間は一人もいないんじゃないか」 失業中の青年・高坂賢吾と不登校の少女・佐薙ひじり。一見何もかもが噛み合わない二人は、社会復帰に向けてリハビリを共に行う中で惹かれ合い、やがて恋に落ちる。しかし、幸福な日々はそう長くは続かなかった。彼らは知らずにいた。二人の恋が、<虫>によってもたらされた「操り人形の恋」に過ぎないことを――。


[ 詳細紹介 ]

PageTop

 

しろ: 笑う時って息を吐きだしながら笑うのですが、感動したり泣いたりする時は息を吸いながらって知ってました?笑だけでなく、時には感動して涙を流す事もエンタメを楽しむ上ではバランスが取れていいらしいです。泣ける・感動モノが無性に読みたくなった人はこの記事を参考に是非感動して涙を流しましょう!

posted by しろ 投票 3 0


,

コメント

コメントの投稿


戻る

その他の関連記事

戻る

おすすめ記事

ネタ・裏ワザ

特集・まとめ

タグ

無料ゲーム

ツール・ガジェット

ライトノベル

アニメ関連

二次元ハック系